2018年10月14日

結局???

 いやいや、連日の晴天。気持ちええけど、まだ腰痛い。
 サラッと回って家でゆっくりしようかと思うも、これだけ色んな鳥が出たら帰りとうても帰れまへんがな、実際。「元山裕康のこんなん出てます」の追加で。

●ミヤマホオジロ:梅林で♀を複数人撮影。
●ゴイサギ:北外堀塒で1羽。
●キセキレイ:昨日も西外堀で観察されたという本種、今日も西外堀で。
●ヒドリガモ:京橋口で3羽視認。おきらく先生が西外堀で26羽観察と聞き帰りに確認。計29羽が飛来。やっとカモらしい飛来数になりましたな。
 
 ね、この状況ではとっとと帰れまへんやろ。

 前から撮ろう撮ろうと思ってた人工川のミゾソバ、ええ具合に満開。腰痛を我慢しグッとしゃがみ込み・・・パシャリ!
IMG_0467.jpg
 そういや〜、昨年までは空堀でも群生してたけど今年は見んなぁ。まさしくコヨシキリの場所で。

 そんじゃ、蝶といきまっか!
 日中はまだまだ汗ばむ陽気、蝶も元気に飛び回るのはええけど、黄色いのがお好き?
 楽ちん観察の東外堀沿い青屋門近くの花壇、この黄色い花にベニシジミ2頭、
IMG_0520.jpg
 チャバネセセリ7頭、
IMG_0511.jpg
 それにイチモンジセセリ2頭、ヤマトシジミ2頭が飛び回って蜜吸いまくり。いっぱいあるのに何故か他人の花にちょっかいを入れ追っ払われる、これの繰り返し。大人しく蜜吸えんのかいなぁ、ほんま。

 更に青屋門に近いボケの植栽場ではウラギンシジミ♂2頭×二組が、超素早い追っかけ合い。葉に留まったと思いきや、
IMG_0521.jpg
 直ぐさまちょっかいが入る。場所取りなんやろうけど、そうは見えん、遊んでるようにしか見えんけど、彼らの生涯にそんな余裕あるんかな?

 その横のセイタカアワダチソウではマッタリ吸蜜するウラナミシジミ。めっちゃ大人しい。
IMG_0523.jpg
 顔を10p位まで近づけても警戒することなく懸命に吸蜜。それはそれであまりに呑気?

 しかしこの二日間は天気に恵まれ、野鳥も蝶も相応に観察できましたな。願わくば赤とんぼ(アカネ科)と出会いたかったけど両日ともウスバキトンボとギンヤンマだけ。まっ、贅沢言えまへんな。

 あと気になるのは・・・やっぱ、後任監督でっしゃろ、阪神の。結局あの人???

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アオスジアゲハ・キタキチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・ウラナミシジミ・
posted by ひでキング! at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

たまには、ええかも?

 これぞ秋、これぞ渡り、これぞ鳥見。今日は最高の鳥見日和でんなぁ、ほんま。
 こんな気持ちのええ天気はなかなかおまへん。朝はちょいと寒いも日中は暑くもなく寒くもなく、サイコー!のはずやけどもやね・・・

 昨日仕事前に、あれ?これって、ひょっとして、ちょいとまずい?と思ったらあれよあれよという間に、へっぴり腰に。腰を伸ばして歩けん状況でんがな、マジで。

 先週、棚卸し明けの週明けスタートで何かとドタバタ、そのうえ土曜出勤で腰に疲れがたまってたんやろうなぁ、今週明けからあまりええ状態やなかったんで日々予防をしたてんやけど、とうとう来ましたわ。

 昨晩なじみの整骨院に駆け込んで痛みを伴いながら普通に歩けるようになり、何とかひと廻り。観察後、念のため今日も整骨院に。

 なんでかなぁ、一生懸命仕事頑張っても疲れは溜まるが金は貯まらん、っときたもんだっ、とくら、ほんま。 ほなっ、今日は! ってな事おまへんな。

 さて、今日は蝶からいきまっせ!
 朝はちょい寒やったし、ちゃんと出会えるか心配したけどそんなことはおまへんな。いつも通りちゃんと出会いましたわ。

 先週から気温や湿度がグッと下がりどうなるかと思ったヤマトシジミ、ひと廻りして43頭で現時点では台風や気温の変化による影響はなさそうでんな。

 今一番お気に入りのスポットは、東外堀沿い青屋門近くにある花壇。大抵チャバネセセリ、
P1010693.jpg
 イチモンジセセリにヤマトシジミ、時折ベニシジミやウラナミシジミ、でもってこのツマグロヒョウモン。
P1010700.jpg
 4〜5種はまとまって観察できますねん。僅か数メートルの花壇で。楽ちん観察でっせ。

 それと今季はもうアカンかぁ。と半ば諦めてたアサギマダラ確認しましたで〜!写真無いけど。
 10:40。お陽さんが頭の上に昇りはじめ、気温もグッと上がる、散歩を楽しむ人が増え始めた沖縄復帰の森。南から北へ向かうワシの視界に飛び込んできた、ひとひらの蝶。

 暗い森を抜けお陽さんを浴びた瞬間、浅黄色の斑な蝶が人をかき分けワシの方に向かってくるやおまへんか!
 双眼鏡で観察するもどんどん近づき肉眼でもわかる距離。ワシの横をすり抜け、更に南へ。飛翔高度は目線の高さ。こりゃ〜追っかけるやろ、普通わ!

 舗装通路から飛び出し森を駆け抜ける、木の根につまずく、その瞬間思い出してしまった。腰いたい〜!!! ここで追っかけるのを断念、カメラを構えるも時既に遅し。体勢を立て直したときには姿はおまへん。

 でも良かった、マジで。今日明日確認出来なんだらほぼ出会うチャンス無いもんなぁ、マジで良かったわ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アゲハ・アサギマダラ・ツマグロヒョウモン・モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・

 よっしゃ、こっから野鳥でっせ!
 気になるのは一昨日から確認されてる空堀のコヨシキリ。過去空堀に飛来した鳥の例からいって昼前後には見られなくなることが多い、なもんで、今日は順番変えて空堀からの観察。

 7:20頃、数人の常連さんが既にカメラを構える。状況を聞くとススキの中に鳥影は見えるも種の特定には至らん状況。よっしゃ、頑張ろか!

 数分後、ススキの中で鳥影。確かに良く動き手強そうなヤツ。誰も気づかぬ間に石垣を覆う葛の葉に潜り込み、また元の場所へ。と思いきや今度は手前の石垣の葛の中に。

 何度か見える場所に現れ双眼鏡で確認するのが精一杯。コヨシキリには間違いおまへん。ただ写真は・・・

 でもって、これまた気になるノゴマ。一昨日からコヨシキリと同所で観察とのことでっけど、ワシは確認してまへん。その後どうなったかは?

 実のところ、ワシまだノスリ見てまへんねん。いつも元ヘリポートを観察する時間は正午前後、その頃には・・・ってな具合ですねん。って事で今日はそのまま東へ進みノスリ観察。

 到着時、常連さんご夫婦が観察。木屑の山の上にずっしり腰を下ろすノスリ。
P1010675.jpg
 時折、飛び降りジャンピングし土をたたく。何か気になることでも。初認からひと月以上、妙に落ち着いてるのはええけど、なんだか普通でない感じ。大丈夫かなぁ、ちょいと心配。

 気になる場所の観察を終え大満足。さて、この後どこを歩くかと悩みつつ足が勝手に梅林へ。
 その梅林はヒタキ天国。ひとつの柵内にキビタキとコサメビタキがセットで、って感じ。

●キビタキ:梅林、市民の森、沖縄復帰の森、豊国神社東、さくら広場、飛騨の森、沖縄復帰の森、太陽広場東の森、などで計15羽。♂6羽♀6羽、ピリップリッの声3羽。
●コサメビタキ:豊国神社東、さくら広場、梅林、極楽橋元駐車場、もみじ園、沖縄復帰の森で計7羽。
P1010694.jpg

●エゾビタキ:空堀太鼓やぐら下。
●オオルリ:さくら広場♂若鳥。
●ヤブサメ:市民の森。
●クロツグミ:市民の森♂。
●メボソムシクイ:飛騨の森、太陽広場東の森、市民の森、大手門西。

●オオタカ:今日の塒立ちは5:40。大将、お疲れさん。
●モズ:本丸、城南地区で高鳴き。大阪城ホール前でも高鳴きの♀。

 雁木坂歩行中、東外堀から飛騨の森方向へ大型のカモ7羽が飛翔。識別は出来ず、悔しい〜。
 そういやぁ〜今季は場だか越冬ガモが定着せんなぁ。

 これまでにヒドリガモ、コガモが観察されるも単日の観察、継続的やおまへんもんなぁ。ってな事を思いながら観察最後の西外堀で、おっ、ヒドリガモ!
P1010713.jpg
 3羽で仲良く泳いでるのはええけど、これまた今日限り?明日も居てるかなぁ?

 ちなみに昨年の10月14日の記録では、キンクロハジロ4羽、ヒドリガモ37羽、ハシビロガモ5羽、やっぱ今年は遅いなぁ、実際。

 今日はコース順を変えての観察。そのお陰でちゃんとコヨシキリも確認出来たし、ノスリもじっくり観れたし、アサギマダラとも出会えたし、たまには順番入れ替えるのもええかもしれまへんな。
 ってな事で、報告番も入れ替えて書いたんけやけど、どう?

ほなっ、今日の鳥たちといきまっか!
コヨシキリ・エゾビタキ・コサメビタキ・キビタキ・オオルリ・クロツグミ・メボソムシクイ・ヤブサメ・オオタカ・ノスリ・モズ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ゴイサギ・カワウ・ハクセキレイ・カルガモ・ヒドリガモ・

★追加情報
梅林:ノジコ、サメビタキ、ノビタキ、エゾセンニュウ。 
空堀:ノゴマ♀。
豊国神社東:トラツグミ。
市民の森:ヤマシギ。
南外堀:コガモ、ヨシガモ。
posted by ひでキング! at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

来週も頼んまっせ!

 いや〜、連休を締めくくるには最高の天気でしたなぁ、ほんま。雲ひとつ無い青空、
IMG_0386.jpg
 天高く馬肥ゆる秋、ってヤツでっか。

 さて、渡りの佳境に入ってきましたな、昨日はシマセンニュウが撮影されヤマシギにノゴマ。この調子で今日も頼んまっせ〜、ってなもんですわ。

 昨日の個体か?早朝から修道館と豊国神社の間でノゴマ♂。午後からは西の丸庭園に移動した様子。

 ヤマシギの話は聞かなんだけど、昼を回った2時前、梅林でセンニュウが撮影される。昨日のシマセンニュウか???その梅林ではノビタキ♂♀も撮影される。

●ノスリ:いつの元ヘリポートで観察される。
●チョウゲンボウ:朝一南外堀沿いでクスノキに入り込むのを観察。
●オオタカ:今朝の塒立ちは5:40。

●クロツグミ:市民の森で♂♀含め3羽が観察される。
●オオルリ:教育塔裏、市民の森で共に♂成鳥。
●キビタキ:教育塔裏、城南地区、市民の森全て♀型。
●コサメビタキ:市民の森、人工川、緑のリズム、青屋門で計5羽。
●エゾビタキ:豊国神社東で1羽。
●メボソムシクイ:人工川裏。

●モズ:梅林で♂。
●エナガ:においの森で9羽。
●カワセミ:東外堀と北外堀。

 ヒヨドリの群れが目立ち始めた。
 7:50頃、豊国神社方向から30羽ほどは沖縄復帰の森へ。9:15、市民の森方向から梅林堀沿いへ50羽ほどが。でもって梅林上空を300羽ほどが通過したと大将。モニターを見せてもらいビックリ!

上記以外の今日の鳥たち。
ハクセキレイ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 今週は非常に多く出会うギンヤンマ。今日も北外堀で交尾産卵の番の他2匹を観察、水面に浮き始めた水草(藻)に卵を絡ませてまんねやろ。

 もみじ園では5匹のウスバキトンボ。

 で蝶でっけど・・・ひょっとしたら今期は出会わんかも???
 アサギマダラ、今期はまだ見てまへんねん。もし来週観られなんだら今期は絶望できかも?

 今がピークのはずのウラナミシジミ、今日は緑のリズムと東外堀で2頭だけ。
IMG_0383.jpg
 なんだか今年の蝶はシャッキッとしまへんなぁ、今イチ合点のいく個体数やおまへんねん。
 
 ヤマトシジミだけはグッと増え計34頭、でもこれだけか。やっぱ今イチ・・・

 台風に振り回されたここ最近の週末、やっと鳥見らしい鳥見が出来る天気になりましたなぁ、ほんま。来週もこの調子でググッとガッツリ楽しませてもらいまひょか!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

こんなときもある。

 ちょいと暑いな、今日は。台風の影響が若干残った今日の大阪城公園、野鳥の状況は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは特に追加はおまへん。

 蝶は、アオスジアゲハ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ、ツマグロヒョウモンと言ったところでっか。
 トンボはギンヤンマ、ウスバキトンボ、アオモンイトトンボ。

 実は大阪城公園野鳥酒の会々長の号令で鷹見会という名の酒宴に参加。サラッとひと廻りして野鳥等に関する意見交換?

 会長をはじめ、会長夫人、理事長、副会長、秘書室長、平会員その1、その2、S氏、でもってワシ。大将も一時的に参加し、わいのやいの。

 日頃はじっくり話をすることのない面々でっけど、この時とばかりに野鳥に興味を持った経緯やきっかけ、自然に対する思いなどぶっちゃけ話。あっという間に・・・こんなときもある!

 でもって、会長と理事長がこれ!

 って写真撮ったけど、ご両人の今後の観察に支障をきたしたらいかんので写真は載せまへん。
 このメンバーのお陰で今秋は過去にない鷹の渡りを記録できたし、感謝ですわ、実際。皆さんを含め今後もよろしゅ〜にお願いしまっせ!

 明日は普通の観察?その後暫く最後の鷹見? とにかくまた報告しますわ!
 
posted by ひでキング! at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月30日

直前もやっぱり。

 こんちわ、ひでキング!でっせ〜。
 前回のブログから一週間、あっという間でしたなぁ。って、違ゃいまんねんな、これが。

 金曜日から何度天気予報をチェックしても土日はいち日中雨マークでしたやろ、なもんで昨日「このタイミングしかない!」って雨に濡れながらの観察やったけど、なんのこっちゃおまへんがな。

 今朝は観察中ポツリとも雨降りまへんし、これやったら、昨日のうちに用事片付けたら良かった。ブログの後、用事片付けて台風対策でんがなぁ、参りましたなぁ〜、実際。

 さて、昨日は雨とあって出会う鳥たちも少なかったけど、今日も少ないで。やっぱ嵐の前は静かでんな。

 雨に遭っちゃ〜いかんと、比較的早足で観察。人工川付近で「キキキキ」とけたたましい声が頭上から、見上げれば数羽のカラスに囲まれたチョウゲンボウ。
P1010589.jpg
 クルクル回り追いつ追われつ体制が入れ替わる。カラスの数は6羽、一気に飛び出せば逃げ切れるやろうけど、なんでかクルクル回る。

 その時もう1羽小さな影。わぉ〜、チョウゲンボウや!
P1010591.jpg
 近くに居てて救援に来たん?って、さほど争ってる様子はなかったけど。

 しばらく2羽のチョウゲンボウと6羽のカラスのバトルが続き、チョウゲンボウが1羽ずつ西へ飛翔。7:30〜7:34。
P1010592.jpg
 チョウゲンボウは以前から複数羽観察の話は聞いてたけど、実際観たら結構迫力おまんなぁ、小ぃそうても、やっぱり猛禽でんな。

 でもって、影しか見えんで模様ははっきりせんかったけど、この2羽のうち1羽は空堀の個体やろうか、それとも空堀とは別の個体が2羽やろうか、興味深いでんな。

 全体的には少ない観察数でっけど、種としてはそこそこと違ゃうやろうか。書き出してみまっせ!
●オオタカ:5:42塒立ち、その後梅林上をハトを追いかけミライザ裏へ。大将観察。
●ノスリ:今日も早朝観察される。
●ツツドリ:梅林で早朝観察される。
●キビタキ:梅林♂、緑のリズム♀型、豊国神社裏♂2羽♀型3羽。
P1010626.jpg
●コサメビタキ:緑のリズム、梅林。
●エゾビタキ:梅林。

●モズ:梅林。
●エナガ:シジュウカラ2羽と同行の1羽、梅林。
●ヒヨドリ:10羽の群れが追って門学園方向から青屋門方向へ。渡りのグループ?
 ってな事で、山野の鳥は梅林が面白そう。

 で、その梅林で話には聞いたことはおまっけど、はじみてみましたわ、薄い色のツユクサ。
P1010610.jpg
 普通のツユクサは青いでっしゃろ、
P1010606.jpg
 色の違い一目瞭然。調べたらウスイロツユクサって事らしいけど、なんや説明がややこしくってツユクサと別物かツユクサの個体差の範囲内かよう分かりまへんわ。

 でも、ちょいとした群れで咲いてましたで。初めて見たんで新鮮でなかなかよろしい。

●カワセミ:北外堀2羽。
●ゴイサギ:北外堀飛騨の森側石垣で1羽。
●カルガモ:西外堀、第二寝屋川。

 他の鳥たちは。
キジバト・ムクドリ・シジュウカラ・メジロ・スズメ・カワウ・ハシブトガラス・カワラヒワ・

 雨に降られることのない観察って事で、蝶もぼちぼち確認出来ましたわ。
●ヤマトシジミ:各所計23頭。前回の台風以後めっちゃ少なかったけどまた回復。でもまた台風でんな。頑張れ!ヤマトシジミ。
●ベニシジミ:青屋門前花壇。
●ツバメシジミ:もみじ園でイヌタデに訪花。
●チャバネセセリ:青屋門前花壇で7頭と多く他所計9頭。
●イチモンジセセリ:東外堀藤棚1頭。
●アゲハ:梅林で飛翔の1頭。
●キタキチョウ:桜広場で飛翔の1頭。

 トンボは、ウスバキトンボを確認しただけ。

 さてさて、これからが大変ですわ。用事済ませて台風対策。っていうても、これと言って何をどうすることはおまへんのやけど、なんとなく、なにかしら、なんでもええから、なんかやっとかんと落ち着きまへんもんな。皆さんも、しっかり対策しておくんなはれや!

 ほなっ、今度こそ、来週でっせ!
posted by ひでキング! at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

嵐の前は、やっぱり静か。

 5:57、市民の森のオオタカ塒立ちの時間。大将が観察。その時間は結構な雨が降ってたと思うけど・・・お疲れさん。でもってそのオオタカがこれ!?
P1010575.jpg
 9:42、一番櫓付近からカラスに追われ低空で豊国神社境内へ。数分後、豊国神社裏の天端で城南地区を望むオオタカ。 でもって、こっちに向きを変えまったり羽繕い。
P1010581.jpg
 その距離10メートル以下。
 
 今日は12時半に歯医者の予約。雨降りやったけど午後からや明日のことを考えれば観察のタイミングは今しかないと、小降りになったのを見計らってササッと2時間程度の観察。

 東外堀沿いで大将と出会う。朝から自転車でひと廻りしたけどこれといって大きな変化なし。オオタカの塒立ちは5:57と。

 昨夕の塒入りは17:33。12時間と24分塒に居たってことでんな。塒入り時には素囊が膨らんでたが朝には元通り。12時間で消化するかと興味深げでしたわ。 

 沖縄復帰の森でビギナー?と思われる男性から声をかけられ、オオルリはここに居ますか?と。スマホで昨日の元山さんのブログを確認し、昨日の時点では観察されたが今日はまだ確認出来てまへんなぁ。と返事。

 渡りについての質問があったので簡単にお答えし別れる。その後、ワシはオオルリとは出会わなんだけど、その人は出会ったやろうか?

 今日出会った鳥見人はこの二人、けど、さすがでっせ皆さん。
 大将の話でっけど、大阪城公園野鳥酒の会会長も朝イチ観察に来てたと。雨の中、さすがですな会長はん、やる時はやりまんなぁ、実際。往生しまっせ〜!

 静かな静かな大阪城公園、林床から聞こえる秋虫たちの声が大阪城公園を包んでましたわ。
 教育塔裏では秋虫の声を切り裂き鋭く濁った「ジジッ」の一声。メボソムシクイも到着しましたな。

 一番櫓前松林ではツィ〜の声と共に鳥影が動き回る。樹冠を見上げながら影を追うんやけどやね、雨が木の葉を揺らしなかなか見つかりまへん。やっと見つけた真っ黒い影、眉には太っく真っ白な班。おっ、マミジロ♂じゃん! 9:40。 その直後に先のオオタカの話。

 他に出会った鳥たちは。
P1010567.jpg
 コサメビタキ・キビタキ♀型・ヤブサメ(地鳴き)・シジュウカラ・メジロ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・コゲラ・カワセミ・カワウ・

★大将から追加情報
豊国神社裏でイソヒヨドリ♀、梅林南端でサンコウチョウ、エゾビタキ。オオタカの塒入りは17:29とのこと。

 蝶やトンボ、今日は積極的に探せる状況ではおまえへんでしたので観察せず。ただ、アサギマダラの情報はちょいちょい頂くんで気には掛けてましたんやけど・・・。

 毎年、鷹見中には数頭観察できるアサギマダラ、今年は確認出来んかったし、明日は台風でっしゃろ、今度の観察は来週になるし出会うタイミングが無くなってしまいまんなぁ、実際。実はワシ今年はまだ見てまへんねん、アサギマダラ。ちょいとばかり、焦りとストレスが・・・

 さて皆さん、明日は大型の台風が直撃の予報でっせ。日本列島縦断、大阪は予想進路の中心線のど真ん中やおまへんか! 先の台風の復旧もままならん家屋や施設もおまっしゃろ、可能な限りの対策をして難なく乗り切っておくんなはれ。でもって来週また、お会いしましょ!

 
posted by ひでキング! at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月24日

トンチンカン

 元山さ〜ん、今日も休みで観察に行ってましたでぇ〜。お会いせんかっただけですわ〜。
 で、まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂いてやね、ワシの今日の状況といきまっか! 

 起床時、この天気やったら今日も鷹見かと思うも、全体の状況が気になりまんがな、やっぱり。昨日はほぼ100%鷹見でしたやろ、一昨日は昼前からは散歩がてらサラッと歩いた程度、今日はガッツリひと廻り、と思うもやっぱ気になりますもんなぁ、頭の上が。

 って事でゴールデンタイム、10時には鷹見場に着くよう早歩きでササッと一廻り。でもって10時きっかりに到着。その時すでに、酒の会会長と副会長が東の空と睨めっこ。9時から観察を始めたとのことでっけど現時点では成果なしと。

 ワシはここに着く前、青屋門で大阪城ホール方向から天守閣方向へ飛翔のハチクマ暗色型1羽を観察、8:45。昨日より低い飛翔で模様もばっちり!

 元山さんの観察では、9:48〜9:54にかけてハチクマが主で13羽。ワシの1羽を足し10時までに14羽が大阪城上空を通過。

 でもって更に鷹見中「居った、居った」とやって来たのが女性バーダーのA田さん。「さっき7羽飛んでたけどこれ何?」と。モニターを見せて頂き、お〜、ハチクマじゃん!時間を聞けば8時半頃と。ただし、写真が撮れたんは1羽のみ。ハチクマ1羽と不明6羽。

 そんでも、ワオ〜でんがな実際、上記の14羽を足して10時までに21羽でっせ!
「そんじゃ、これは?」と別の映像、ままっ、これはオオタカでっしゃろ。

 てな話をしながら4人して鷹見続行。10:20には森ノ宮方向から天満橋方向へ向かう3羽のハチクマが頭上を通過。いやぁ〜結構通過しましたなぁ、ほんま。

 早い時間別に整理すると。
8:30頃 ミライザ上を7羽の鷹が通過。うち1羽はハチクマ。A田さん。
8:45  青屋門上を北東から南西に向かってハチクマ1羽。ワシ。
9:48〜9:52 西の丸庭園上を東から北へ飛翔の13羽(主にハチクマ)。元山さん。
10:20 南東から北西に向かうハチクマ3羽。鷹見場で。
 今日は計24羽が大阪城公園上を通過。11:30時まではこんな感じでんな。

 で、ワシからの追加は・・・
ヤブサメ:教育塔裏、桜広場、緑のリズム。
エゾムシクイ:教育塔裏小道。
エゾビタキ:豊国神社裏。
エナガ:ミライザ裏8羽、桜広場方向へ飛翔。
イソヒヨドリ:ミライザ裏で♀1羽。
P1010539.jpg

カワセミ:今日も東外堀で2羽。
アオサギ:北外堀2羽、内堀1羽飛翔。

 ってな事で、今日はガッツリ観察?鷹見?どっちか分からんような観察になったんで蝶もトンボも中途半端?でも目に留まった種は記録し、撮れそうな写真は撮ったんでとりあえず。

 もみじ園ではキマダラセセリ、
P1010528.jpg
 ベニシジミが、
P1010532.jpg
 ゆっくりまったり日向ぼっこ。ベニシジミは桃園でも日向ぼっこの1羽。
 拓けたところでは皆まったりしてまんな。

 台風前増え始めたアオスジアゲハ、今日も1頭と台風一過全く増える様子なし。やっぱり台風の影響が大きいんかなぁ。この時期にこの個体数やと来春が心配でんがな、今から終認を迎えるまでにいっぱい卵産んで蛹になって越冬せんといかんのに。まっ、終認までしばらく時間があるんで引き続き本種の個体数に注視ですわ。

 台風一過増える様子なしと言えばヤマトシジミもそうですわ。近年は10月に入ってからもグッ増える傾向にあるけど、今日の時点で15頭、この数でどれだけ個体数が増えるやろうか。こちらも引き続き注視でんな。

他の蝶は・・・アゲハ・ツバメシジミ・チャバネセセリ・

 で、トンボはそろそろ終息を迎えてきましたな、出会ったのはギンヤンマにコシアキトンボ。でもなんですわ、このまま終わってしもぅたらちょいと寂しいでんなぁ、実際。

 晩夏にはアキアカネ、リスアカネ、マユタテアカネが観察されたけど、もうちょっと赤とんぼ(アカネ科のトンボ)と遊びたいなぁ〜。もうしばらく頑張って赤とんぼ探すとしまっか!

 この連休はなんか悔いが残るなぁ、すっきりせんわ。
 土曜日は午後から大阪周辺でドッと鷹が渡り、鷹見場でべったり張り付いた昨日は10羽。今日は24羽でっしゃろ。
 それやったら土曜の午後と今日、鷹見にべったりの方がしっかり観察できたんと違ゃうのん、実際。なんだかこの連休はトンチンカンな観察でしたわ、ほんま。
posted by ひでキング! at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月23日

まっしぐら!

 さぁ〜、始まるでぇ、大阪城公園鷹渡り物語。
 天気予報通り朝は快晴、とはいきまへんねんなぁ、これが。東の空はすっきり晴れるも
P1010515.jpg
 真上から西の空は分厚い鱗雲。
P1010516.jpg
 その境界線がこんな感じですわ。
P1010521.jpg
 でも、スタート地点と思われる生駒山は雲ひとつなし、こりゃ〜かなり期待できまっせ〜!

 でもって、観察前に昨日の大阪近郊の鷹渡り情報を確認。高槻萩谷、奈良県、甲山など天候が回復した午後から一斉に渡ってるやおまへんか。しまった、昨日午後から粘るべきやったか・・・
 でも仕方おまへん、終わったことはどう仕様もないんで今日に期待するしかおまへんな。
 
 そんじゃ、鷹見前に撮ったチャバセネネリを見て頂き、
P1010513.jpg
 本文に入るとしまっか!

 ひでキング!号を専用駐輪場へ駐め、新たな鷹見場ミライザ裏の天端へまっしぐら。7:27。
 しばらく観察するも成果なし。
 例年観察する配水池東北東角が入れんと思ってたけど、倒木の処理が終わり通行可に。それやったらと移動し例年通りの場所で観察。

 やっぱりいつもの場所は落ち着きまんな。でも南側に立ってた大きなヒマラヤスギが倒れ直射日光が暑い。わずかな影に隠れながら仕切り直し。

 これまたしばらくすると、大阪城公園野鳥酒の会理事長、副理事長、さかなやさんが。少し遅れて会員見習いのH本氏も参戦。こりゃ〜心強い、一人やったらおしっこも行かれへんし。

 雑談しながら東の空を見つめる。18日に鷹が渡ったときの状況をさかなやさんから聞く。10数羽の観察を2度、10:05頃と10:50頃。ゴールデンタイムは10時台。

 9:58刻々と迫るゴールデンタイムを前に一同固唾をのみ双眼鏡を構える。皆の鼓動が聞こえるほど静寂した時間。東の空、生駒山頂を睨む8つの目。

 時計の針が10時を差した瞬間。「山頂電波塔の左上、3羽の鳥影」とさかなやさん。双眼鏡を覗きながら場所を確認する。
 お〜、回ってる〜。3羽の鷹が大きく弧を描き上昇!間違いなく渡りや!!!
 
 生駒山頂から徐々に旋回上昇、発見時ごま粒ほどの飛影が更に遠のく。識別なんてとてもやおまへんがな、実際。

 目を切ることなく3羽を追う。3羽は徐々に西へ移動。よっしゃ〜、こっちに来るやおまへんか!
 少〜しずつ、少〜しずつ近づく鷹、徐々に姿が鮮明に。副会長が飛影、下面の色合い、わずかに見える模様からハチクマと判断。

 その後、旋回飛翔から滑空しOBP上空を西へまっしぐら。その時はワシでもハチクマと分かる距離でしたわ。10:00〜10:06。

 その直後、東に目を戻せば同じコースを同じように上昇旋回する1羽のハチクマ。先の3羽を追いかけるようにOBP上空を西へまっしぐら。10:06〜10:09。

 10:38、東の方角生駒山稜線より下で大きな2羽と小さな1羽が絡むように飛ぶ。上昇する様子はない。大きな2羽の飛影はトビ、小さな1羽はハシブトガラス?その後上昇することなく麓へ消える。

 更なる飛翔を期待し東の空を望む。
 今度は先のハチクマよりやや南側で発見。3羽が稜線付近から徐々に上昇、その上には別の3羽が弧を描き天空を舞う。先ほどのコースとは別の城南地区上空を通過する南側コース。

 3羽ずつ徐々に高度を上げ風に乗り一気に西へまっしぐら。6羽中、4羽はハチクマと識別、あとの2羽はハチクマと思われる。11:05〜11:12。

 その後も待ち続け正午まで粘るも上空を通過する鳥の姿はなし。いったん晴れ渡った西の空が再び厚い鱗雲に覆われ今日の鷹見終了。

 皆さんお疲れさんですわ、ほんま。
 ごま粒ほどにしか見えん鷹探しにほんまおおきに!でっせ。しかもさすが副会長、鷹渡りのベテランでなきゃ〜あのハチクマは分からんかったやろうな。

 二度三度とごま粒を発見してくれた、さかなやさんも、さすがですわ。細かいとこまでよう見てるし。

 会員見習いのH本氏、慣れん鷹見でトビを見つけはったんはなかなかのもんですわ。

 みんなが協力すれば成果も上がりまんな。ワシ一人やったら成果なしやったかも。
 
 結果をまとめると。
10:00〜10:06 生駒山上空から大阪城公園の北側(OBP)上空を西へハチクマ3羽。
10:06〜10:09 上記同コースをハチクマ1羽。
11:05〜11:12 大阪城公園南側(城南地区)上空を西へ6羽。うち4羽はハチクマ、2羽もハチクマと思われるが・・・。

 渡りではおまへんが、東大阪生駒山麓付近でトビ2羽。

 大阪城公園で観察できる鷹見は基本的には本来のルートから外れるとワシは思ってまんねん。
 本来は大阪平野に入る前に北ルートは淀川沿い上空を西へ。南は生駒山脈、和泉山脈沿いに渡り西へ。
 大阪城公園(大阪平野)上空を飛翔する個体は何らかの原因でルートから外れた個体と違ゃうんかなって。いわば流れ者でっか。

 しかしいつも思うんやけど、大阪城公園上空を通過する鷹って、いつから渡ってるんやろなぁ、って。そんなことを思うと鳥見はやっぱマロン、違ゃうわ、ロマンチックでんなぁ、ほんま。

 明日もロマンを感じることが出来るやろうか。天気次第ではちょいとだけ空眺めようかな〜。
 
 鷹渡り以外の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 鷹見中、内堀水面を飛翔のカワセミ、梅林から東に飛翔のツバメ1羽。
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月22日

期待大!

 よしよし、天気予報通り昼過ぎには晴れ間がのぞき始めたな。
 朝からは小雨の予報、って事で昼までに用事を済ませ昼からサラッとひと廻りの予定、予定に合わせて晴れてくれましたがなぁ、こんな気持ちのええ事はおまへんで、実際。

 鳥見人とはあまり出会わんかと思いきや、行く先々で常連さん。今来たと言う人や朝から観察という人も。みんな気合い入ってまんなぁ、ほんま。まっ、否が応でも気合いの入る時期ですもんな。

 そんな方々から頂いた情報。
●キビタキ:市民の森♂♀、飛騨の森白斑タイプ。
●オオルリ:市民の森♀。
●サンコウチョウ:沖縄復帰の森。
●エゾビタキ:西の丸庭園。
●ヤブサメ:修道館西。
●オオタカ:市民の森では自身観察、桜広場でも観察情報。最近は市民の森と桜広場を行き来してる?
●ノスリ:今日も元射撃場で観察される。
●チョウゲンボウ:いつも通り空堀で。最近は西の丸庭園入り口東側の石垣がお気に入りの様子。

 でもって、やって来ましたで!カモ。
P1010487.jpg
 南外堀で1羽ぷっかり浮かぶヒドリガモ(交雑?)
 先週あたりからコガモかハシビロガモあたりの飛来がないかと気にかけてましたんやけどヒドリガモが今季初の越冬ガモとは。例年コガモかハシビロガモが一番ガモなんやけど・・・

 一番櫓前の松林ではマミジロ♂若鳥、二番櫓前では♀、沖縄復帰の森では♂成鳥も観察される。
 本種は20日には教育塔裏でも♂。21日は市民の森でマミチャジナイも観察され、大型ヒタキもそろそろ顔を見せ始めましたな。

 盆明けに始まった秋の渡り、ひと月あまりが経過しカモも飛来、そろそろ第2段階でっか。

 でもって、先週は休み明けに各地一斉に天空を舞った鷹、明日は朝から晴天の予報、期待せずにいられまへん。明日のブログは鷹一色といきまっか!

ほなっ、じょうきがいの鳥たち!
シジュウカラ・コゲラ・カワウ・カワセミ・カワラヒワ・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ヒヨドリ・
posted by ひでキング! at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

諦めたらアカン、って事?

 いやいや参りましたなぁ、実際。朝起きたら上空ドンヨリ。東の空ももちろんこの通り。
P1010447.jpg
 こりゃ〜鷹見はあきらめですわ、悔しいけど。

 まずは「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂いて、ワシの話に付き合うてもらいまひょか。

 しかし、ようもこれだけ鬱陶しい天気が続きまんなぁ、ほんま。そんでもって明日から晴れの予報でっしゃろ。なんで平日に晴れるかなぁ、実際。そのうえ、週末からまた雨の予報でんがな、愚痴りたくのうても愚痴が出ますわ。

 ままっ、ぼやいても仕方おまへん。鷹見のことはきっぱり忘れてひと廻りですわ。な〜んて思ってたら観察終盤一番櫓でKさんと出会う、いきなり上空を指さす。見上げれば比較的低い位置で3羽の猛禽が旋回してるやおまへんか!

 2羽が先行し西へ飛翔、追いかけるように数度旋回して西へ流れる1羽に狙いをつけて、パシャパシャパシャ、闇雲にシャッターを切る。
 暗い空で白い雲がバック、とてもやおまへん模様なんて。帰って思いっきり、思いっきり明るくして・・・
P1010480.jpg
 サシバや〜!!! これってサシバでっしゃろ〜!!! 11:50の出来事。

 この前に観察した梅林南端では、サンコウチョウ待ちの間に元ヘリポートでノスリが撮影される、11時頃。その上空では撮影されたトビのモニターを見せて頂く。でもって今日はチョウゲンボウはどうやったんやろ?

 しかし、ほんまビックリでんなぁ、オオタカにノスリにトビにサシバとは。この秋の大阪城公園は猛禽天国でんなぁ、実際。

 その他は・・・
●エナガ:北外堀沿いで1羽と、元ヘリポートで13羽の群れ。この群れが人なつっこくって手の届きそうなところを行ったり来たり。
●ヤブサメ:西の丸庭園。
●ゴイサギ:北外堀の塒から石垣へ飛翔。
●カワセミ:東外堀、北外堀で各1羽。
 ってなところですわ。

 で蝶の方は大きな変化はおまへんが、やっと姿を見せてくれましたわ、ウラナミシジミ。っていうても、撮影されたモニターを見せてもらっての確認でっけど・・・

 アオスジアゲハはやはり少なく3頭。ヤマトシジミも昨日より少ない4頭の観察。
 青屋門前花壇がちょいと賑やか、イチモンジセセリにチャバネセセリ、でもって久々のベニシジミ。
 人工川ではキタキチョウが地を這うように飛翔。

 ツバメシジミだけは個体数が増え10頭の観察。
P1010451.jpg
 教育塔裏では4頭が一箇所に。綺麗な個体やったんで今朝生まれ?でもって今日のツバメシジミはやたらイノコヅチに留まってたな。なんでやろ?ってな事考えてたら、妙なことに気がつく。

 大方の蝶って成虫で2〜3週間の寿命でっしゃろ、って事は生まれた時期に咲いてる花の蜜しか吸えんって事ですわな。初夏に生まれたら初夏の花、秋に生まれたら秋の花。

 春から秋までほぼ毎回観察できる蝶なんかでも、個体単位で考えたらそういう事ですもんな。春から秋まで色んな花が咲いても自分が生きてる時期に咲いてる数種類の蜜の味しか知らんてことでんな。それがどうなんって事はおまへんが、この写真撮ってるときに、ホッと思っただけで・・・

 そんじゃ〜トンボといきまっか!
 まずは綺麗な真っ赤なリスアカネ。西の丸庭園で撮影され、これまたモニターを見せて頂き確認。
 はぃっ?ちゃんと確認しいや、ってでっか。えっ、ま〜その〜・・・

 昨日ほど賑やかではおまへん。ギンヤンマも昨日より少なく12匹、おっ、結構居ったんや。東外堀では交尾産卵。

 シオカラトンボ♀、東外堀。
 タイワンウチワヤンマは4頭。
 アオモンイトトンボは北外堀、南外堀で共に♂。
 西外堀では久々にコシアキトンボを観察。
 これまた久々のショウジョウトンボは、北外堀で産卵行動。

 冗談抜きで来週は晴れてくれへんかなぁ、ほんま。こんな曇天続きやったらマジで鷹見する気になりまへんがな、実際のところ。

 でもなんでんな、昨年今年と東外堀では水草が除去されても諦めず産卵するギンヤンマ。
 これでもか!ってくらい除草され、わずかに残った葛の葉を利用し毎年生まれてくるウラナミシジミ。
 こんなに天気が悪ぅても前へまえへ、越冬地へ向かうサシバ。

 何事も諦めたらアカン、って事でっか。ほなっ、来週は雨でも鷹見や!って、それはちょっと・・・

 
 
posted by ひでキング! at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記