2019年10月13日

台風明け

 度重なる台風、広域で大きな被害がまた。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方、避難所生活を強いれた方が一日も早い日常を取り戻せるよう願ってやみまへん。

 台風一過、早朝は晴れるも時間と共に雲に覆われる。北風が吹き抜け、チョイと寒いくらいの天気。
 避難所生活の方々の健康を案じますわ。大変やと思いまっけど体調をしっかり管理し復旧にあたっておくんなはれ。

 夏冬入り交じり秋の渡りも佳境を迎えた大阪城公園。平日は賑やかな様子でっけど台風明けの今日も継続して大賑やか。

●ノゴマ:早朝から梅林南端で若い♂、昼前には愛の森で♂成鳥1羽。
●ノビタキ:空堀西の丸庭園側で1羽撮影される。
●キビタキ:一時より少なくなるも♂4羽、♀型10羽、プリップリッの声1羽で計15羽。
 教育塔裏、沖縄復帰の森、もみじ園、梅林、飛騨の森など。
●オオルリ:そろそろ終わりか?ピ−スおおさかで♂若鳥2羽、飛騨の森でも♂若1羽。
●エゾビタキ:元射撃場からもみじ園へ飛翔の1羽、飛騨の森1羽。
●コサメビタキ:飛騨の森、梅林。
●メボソムシクイ:人工川、緑のリズム、梅林。共に地鳴きと姿を確認。
★教育塔裏で姿だけ。メボソムシクイかオオムシクイ。

 梅林でノジコと思われる声が確認されるも姿を見たものはなし。

●クロツグミ:さくら広場で♀。
●マミチャジナイ:これまた桜広場で。
●シロハラ;飛騨の森で2羽。

●モズ:六番櫓、人工川。配水池東、梅林。で高鳴き。飛騨の森では♀。
●チョウゲンボウ:梅林上空をカラスに追われ数度観察される。
●イソヒヨドリ:豊国神社東で♂。
●エナガ:沖縄復帰の森で6羽、豊国神社東で11羽の群れ。
 残念ながらヤマガラは確認出来ず。越冬を期待したが。
●カワラヒワ:沖縄復帰の森3羽、緑のリズム20羽前後、京橋口12羽と群れが目立ち始める。

●ゴイサギ:北外堀塒で成鳥とホシゴイ。
●アオサギ:北外堀と内堀。
●ヒドリガモ:西外堀9羽、内堀1羽。
●コガモ:南外堀6羽、人工池11羽。
●マガモ:内堀♂2羽♀3羽。
●カルガモ:西外堀、人工池、内堀計5羽。

他の鳥たち。
シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・ハシブトガラス・キジバト・ハクセキレイ・カワウ・
ヒヨドリ:沖縄復帰の森から豊国神社方向へ概算70羽の群れが波を打つ。

 台風明けで気温も低くなったせいか、蝶の姿は少なく。
モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・
posted by ひでキング! at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月06日

勘弁して!

 結果から言うてアキマヘン。
 朝のうちに用事を片付け12時15分から鷹見開始。開始早々東の空高〜い高〜いところに鷹の飛影。

 極端なM字飛行でなく小文字程度の浅いm字飛行。大きさや雰囲気はハヤブサでない。上空はかなり風が強かったんやろうか、羽ばたくことなく高度を下げることなく一直線に西へ飛翔。

 移動に合わせ一瞬腰を上げた瞬間・・・どこや、どこに行ったんや!結局識別出来ず。
 その後、チョウゲンボウがえらいスピードで市民の森へ滑り込む。やっぱ風きついんや。
 チョウゲンボウは11時半に飛騨の森上でも観察されてますねん。

 ひたすら待ち続けること2時間、いつもならオオタカやトビくらいは確認出来るが、今日は梅林を行き交うカワラヒワ、上空で風乗りをして遊ぶカラスが観察出来た程度。

 後に午前中一番櫓で1時間ほど頑張った人に出会い話を聞くも、全く・・・とのこと。
 来週はもう10月の中旬、おおさか付近の上空では鷹が群れをなすことはおまへんやろ。
 今年の鷹見は単発個体では数羽観察されるも、群れでの通過は確認できずって事かな。こればっかりは仕方おまへん、自然相手に遊ばせてもろうてるんやから。

 肩を落とし帰る途中大将から電話、「飛騨の森でオジロビタキ、と。“ニシ”ではなくただのオジロ、と。」そりゃ〜行かんと!

 駆けつければ今日のバーダー全員集合!? 元山さんも自宅から駆けつけ状況確認。
 ワシは見てまへんけど、撮影された方のモニターを幾つかベテランバーダーさんたちが確認。間違いないとのこと。

 でもって、暫く待ってみるも・・・
 ってな事で、何をしに行ったんだか、今日は。
 お土産なし、土産話もない内容でっけど、明日以降の飛騨の森はどうなるのかが気になるところでんな。

 何の愛想もない書き込みになったけど、また来週でんな。って、また台風かよ〜???
 もぅ〜勘弁して!
posted by ひでキング! at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月05日

諦めんで!

 日向は少々暑いも木陰は涼し、乾いた空気が木立をすり抜け微かに薫秋の果実。

 って、先週はにおいの森でほんのりキンモクセイの香りがしてたんで楽しみにしてたらもう終わったん、これっぽちもにおいせんし花も見当たりまへんがな、これが。そのうえほんのり香ってきたんがチョイと鼻をつく銀杏の香り。おいおい、なんてこった、キンモクセイの代わりに銀杏はおまへんやろ、実際。

 あ〜、でも気持ちよろしいなぁ、ほんま。何をやるにもサイコーの秋、サイコーの天気、サイコーの鳥見日和。そんなサイコーな一日の鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂きワシからは追加はおまへん。

 ってことで、蝶の話しでんな。まずは悔しい話をば。
 数日前、市民の森でアサギマダラが観察される。今日出会ったS氏の話では。
 水飲み場前の枝垂れ桜の植え込みで足下に留まる、その後ベンチ裏の樫の木に暫くぶら下がってたと。

 えっ〜、アサギマダラでっせ、アサギマダラ。あのアサギマダラが目の前で観察出来るってのに、ようもそんなに落ち着いて話せまんなぁ、ほんま。今季ワシはまだ大阪城公園でみてないってのに、マジで悔しいでんなぁ、実際。
 でも、そこは大人の振る舞いでんがな「へ〜、アサギマダラが、いつの話でっか、どんな様子でしたん?」ってな具合で至って落ち着いたように詳細を求めたんやけどもやね・・・心中は。

 さっ、今日の話でんな。
 先週ちょこっと触れたけどツバメシジミがアレチヌスビトハギ周辺で多いなぁ、ってな話。やっぱこの秋は多いわ。

 今日と廻りして14頭。6月頃シロツメグサがピーク時には当たり前の観察数でっけど秋にしては多い観察。大阪城公園のツバメシジミ、これまでは繁殖にアレチヌスビトハギを利用せんかったけど、それを利用出来るって知ったんやろうか?となれば、来年以降秋も多く観察出来るってことでんな。

 そうなったら難儀なんはヤマトシジミとの識別でんがな、実際。今日のヤマトシジミは52頭、ツバメシジミと足して66頭は識別したけど、飛び回って識別出来んかった蝶は数知れず。何とか一瞬で飛翔中のヤマトシジミとツバメシジミを識別出来るポイントはおまへんやろうかね〜。

 そんでもって、この秋は多くみられるやろうって書いたウラナミシジミ、先週に続いて広範囲で計14頭。沖縄復帰の森では交尾の番も。
P1030498.jpg
 おいっ、何邪魔してるねんヤマトシジミ!
 この交尾で産卵される子孫は今年羽化するんかな?時期的にはキツいけど、気温次第では11月中旬に観察出来るかも。

 太陽広場東の森では7頭が固まりイヌダテで吸蜜。
P1030507.jpg
 ここにはイヌダテ、イノコヅチ、カタバミが群生し、茶色に白一文字の小さな蛾、シロオビノメイガも多く観察。
P1030506.jpg
 他に目立ったのが小っちゃい小っちゃいホソミナミヒラタアブが一杯。あっちこっちで宙に浮いてましたわ。

 こんな小さな生き物たちが大きな地球を支えてくれてまんねんなぁ、ほんま。いつも思うけどこの小さな生き物たちの邪魔にならんように生きていかんといけまへんねんなぁ、ワシらはって。

 今日出会った蝶の殆どがシジミチョウ、東外堀花壇で出会ったヒメアカタテハのデカいこと!
P1030511.jpg
 花に埋もれて日向ぼっこでっか、人間で云うたら浴槽に花を浮かせた、ハーブバスってところでっか。めっちゃ気持ちええやろうなぁ〜。

 他には、梅林南端でゴマダラチョウ。梅林、豊国神社裏でアゲハ。5頭のアオスジアゲハ。4頭のキタキチョウ。チャバネセセリが3頭。

 現在17:40、気になる我らが阪神タイガースのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第一戦、5回で7−1と大量リードを許した時点でほぼ諦めブログを書き始めたわけたけど、8回終了で7−8と逆転。

 リーグ戦最終6連勝、逆転3位で勝ち取ったクライマックスシリーズの切符。大量リードで諦めてけど、まさかの逆転でんがな! やっぱ諦めたらあきまへんなぁ。

 ワシも諦めまへん!明日は、鷹見でラストチャンスに賭けて、アサギマダラもゲットするぞ〜!
 って、早くアップして試合見んと・・・・・!!!
posted by ひでキング! at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

も〜ぅ、ヤダッ!

 朝から一日曇りの予報、鷹見は諦め歩き回るかと思うも、観察開始から暫くは晴れ。どうなってるんだかねぇ〜、最近の天気予報は。

 小鳥を探すにも空が気になり、空を見上げればトンボが飛んでるし、草むらでは蝶が気になり、何もかも中途半端な観察。とりあえず見聞きした話をザザッと・・・

●サンコウチョウ:沖縄復帰の森。昨日地上採餌の個体が居たと聞く、その後直ぐにその個体?地上に降りたり低い枝で蛾?を追ってアクロバティックな飛翔で楽しませてくれましたわ。
●マミジロ:早朝沖縄復帰の森で、♂の若いタイプ?♀??? ♂成鳥でないのは間違いないと聞く。
●クロツグミ:市民の森♂。
●キビタキ:一番櫓、梅林南端、市民の森などなど計15羽。♂7羽♀型8羽。
●オオルリ:市民の森、梅林南端、配水池東、豊国神社東で計6羽。♂2羽♂若鳥2羽♀2羽。
●エゾビタキ:緑のリズム、梅林南端、西の丸庭園に入り口。
●コサメビタキ:梅林全域で7羽と聞き他所で2羽の計9羽。
●ヤブサメ:緑のリズム、市民の森、さくら広場。
●メボソムシクイ:梅林。
★ムシクイ:市民の森。 
●ツバメ:市民の森大ツツジで3羽。高いところではなく夏に見かける程度の高度で周回しながら餌を探す? 夏鳥はこんなところでっか。

●ミサゴ:観察開始早々の7:15、西の丸庭園上を西へ飛翔の1羽。
●オオタカ:観察終了間際の12:05頃。六番櫓付近で数十羽のムクドリが数カ所から飛び出し計100羽ほどが馬場町方向へ飛翔。カラスが騒ぎドバトも右往左往。何か出たかと思うや否や、高校生植田君から南外堀を東へカラスに追われる成鳥1羽と連絡が入る。
●コガモ:その植田君が南外堀で8羽観察。
●ヤマガラ:今月何度か観察されてる本種、断続的でっけど沖縄復帰の森で確認されてまんな。

他の鳥たち。
一番櫓付近から14羽のヒヨドリが波を打ちながら沖縄復帰の森へ。そろそろヒヨドリも渡るか。
シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・カワウ・カルガモ・ゴイサギ・アオサギ・

 例年この時期に京橋口出て直ぐのところで見かけたヒヨドリジョウゴ、今年は見かけんなぁと思ったら教育塔南数カ所で群生。
P1030437.jpg
 諦めかけてたけど出会えて良かった。そういやぁ〜随分前、野草の師匠に教えてもらったのも教育塔南でしたわ。

 で、蝶でっけど・・・
 観察終盤一番櫓でさかなやさんと出会い雑談、その時漆黒の蝶の飛影が!
 見失うも暫くすれば頭上に姿を現す。何度も頭上を周回、撮影は無理、しっかり観て・・・クロアゲハ!

 はぁ〜今年は黒色系アゲハの観察が少ないんでって言うか、ほぼ無い状況。例年お彼岸辺りに多く観察できるんやけど今年はお彼岸過ぎてもうたがなぁ、ほんま。

 しかも一週間遅れで彼岸花がピークやし・・・
P1030461.jpg
 彼岸花って言うたら思い出しますわ黒色系アゲハ、モンキアゲハと初めて出会ったときのこと。

 豊国神社東でキビタキ待ちのカメラマンが数人、その先には数輪の彼岸花。そこに現れたのが漆黒の翅の中央に真っ白な班のあるモンキアゲハが真っ赤な彼岸花に訪花。

 走り出して近くで写真をと思うもキビタキ撮影の邪魔に。あれから10年ほどになりまっか。
 当時は蝶に興味を持った人も少なかったんで自粛したけど、今やったら理解してくれるかな、キビタキよりモンキアゲハの方が大阪城公園では稀少って事を。

 そんでもって早朝7:33、空に双眼鏡を向けつつ歩いてると南外堀上を南から豊国神社裏へ消える蝶の飛影。逆光で色や模様は分からんかったけど形や飛び方はアサギマダラと思ったけど、しっかり見られん状況。記録にはとても挙げられまへんわ。

 観察開始早々の西外堀沿いから、城南地区、空堀、東外堀沿い花壇と広範囲で観察出来たウラナミシジミ。
P1030439.jpg
 各所で葛が繁茂してるし、久々に多い出会いが期待出来そうな感じでんな。

 そんで、あまり除草されてないアレチヌスビトハギ。その周囲で小型のシジミチョウがパタパタ。飛び回って確認出来てないけどツバメシジミかな?

 以前アレチヌスビトハギに産卵行動してたし、今日も観察。このまま除草されんかったらえらい増えるんと違ゃいまっか。そうなったら大変ですわ。ヤマトシジミもこれから増えるし、とんでもなく識別に苦労しまんがな、実際。
P1030453.jpg
 これだけ大人しかったら苦労せんけど。

今日の蝶は。
アオスジアゲハ・アゲハ・キタキチョウ・クロアゲハ・ウラナミシジミ・ヤマトシジミ・ツバメシジミ・チャバネセセリ・
 
でもって、出会ったトンボは。ウスバキトンボ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ。

 さ〜て、明日の予報は雨でっけど信用してええのん?いずれにしても野暮用で観察に行けるかどうか分かりまへんねんけど晴れたら悔しいなぁ、ほんま。

 今季はまだ鷹の渡り確認出来てないし、アサギマダラも自身大阪城公園で見てないし、あ〜だこ〜だって言うてる間にあと三日で10月でっせ、ほんま。

 こうなったら来週に期待して、鷹渡りもアサギマダラもワンチャンスに賭けまっか!って、来週また台風? も〜ぅ、ヤダッ!(嫌だ!)
 
posted by ひでキング! at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

悩まされた連休

 あれよあれよという間に上空が真っ暗、観察を終え足早に帰宅。
 帰ってニュースを見てびっくり。台風17号の影響で九州では甚大な被害、延岡市では竜巻と思われる突風が発生したとのこと。

 午後からは温帯低気圧に変わったとのことでっけど、予断を許せん強風に豪雨。
 被害に遭われた地域の方の、いち早い復旧と共に今後大きな被害が出ることのないよう願うのみでんな。

 朝、携帯で天気を確認し晴マークが並ぶ。普通観察から鷹見に変更。到着時の東の空はこんな感じ。
IMG_4043.jpg
 上空には青空、低い位置には厚い雲が横たわり南から北へ強い風に流される。

 でもって先に言うときまっけど、鷹見の成果はなし。
 観察中も強い風が吹いたし、やっぱり台風の影響のあるうちは飛びまへんわな、鷹も。上昇しても強い風に流され「あれ〜、ワシ(鷹やけどここはワシ(自分のこと)でっせ)は一体どこに飛ばされるねん」ってな事で、とんでもない方向に行ってしもたら、元も子もおまへんもんな、ほんま。

 それと夜中には大阪城公園でも結構な風が吹いたみたいでんなぁ、市民の森では小枝がポキポキ折れてたって聞くし、空堀のススキもホレ!
IMG_4047.jpg
 全部なぎ倒されてますもん。秋にススキが楽しめるやろうか?

 そんじゃ、ほぼ常連さんに聞いた報告でっけど・・・
●キビタキ:豊国神社裏♂・東♂♀型、飛騨の森♀型、太陽広場東の森♀型、緑のリズム♀型、音楽堂西通路♀型、教育塔裏で♀型で計12羽。
●オオルリ:修道館と豊国神社の間で♂若鳥。
●コサメビタキ:豊国神社東、配水池東。
●エゾビタキ:豊国神社東、ミライザ裏、飛騨の森、もみじ園。
 それと、早朝市民の森でホトトギス観察者ありと聞く。
 夏鳥はこんなところですわ、台風に悩まされたこの連休、大きな変化はなかったてことでんな。

●チョウゲンボウ:配水池東で観察される。
●エナガ:沖縄復帰の森3羽、飛騨の森6羽。
 
 他の鳥たちは、シジュウカラ、カワラヒワ、コゲラ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、キジバト、ハシブトガラス、カワウ、カルガモ。
posted by ひでキング! at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月22日

コロコロ変わる

 しかし、コロコロ変わるなぁ〜天気、って言うか天気予報。半日に1回予報が変わってるんと違ゃいまっか、ほんま。しょっちゅう(頻繁に)確認せんと鳥見の予定が立ちまへんがなぁ、実際。鷹見がピークを迎える時期って言うのに・・・

 でもって人生で初めて見ましたわ。ラグビーのキック・オフからノー・サイドまで。ラグビーにはあんまり興味おまへんので見たことなかったけど、金曜日の開幕ロシア戦、晩酌のアテに観戦。

 いきなりロシアにトライされてどうなるかと思ったけど、その後は松島光太郎の3トライ含む4トライで30−10で完勝。あの肉弾戦は凄いな!トライの瞬間思わず「よっしゃ〜!」って叫びましたがな、ほんま。

 それととうとう決まってしまいましたな、セ・リーグの優勝が。な〜んか原さんが監督に就任した時点で嫌〜な予感してましてん。実績のある監督だけに。
 過去12年の監督成績でリーグ優勝7回、うち2回は日本一。12年間の任期中Bクラス(4位以下)は一度だけ。それにワールド・ベースボール・クラシックではイチローを率い世界一に導いたのは記憶に刻まれてまっしゃろ。

 この豊富な経験を持った原さんが監督となりゃ〜、やっぱ巨人かな?ってな嫌〜な予感してましてん。何がどう違いまんのやろうなぁ、他の監督と。やっぱ選手の信頼度が高いとか采配面とか、それに求心力があるんやろうなぁ、何かが違いまんのやろ。

 そんで大阪市西区の靱公園では、大坂なおみが東レ・パンパシフィックで初優勝に大手、行ってないけど盛り上がってまっしゃろうなぁ〜、地元大阪での開催やし。

 って、おいっ、いつまで体育会系の話してるねん!しかもラグビーや野球やテニスってコロコロ変わるし、早よっ、鳥情報書かんかえっ!ってでっか。 そりゃそうでんな。

 先週、帰宅後飛騨の森でやっぱ居てたようでんな、ヨタカ。翌日の元山さんのブログで知りましたわ。その後もここ一週間はホトトギス、マミチャジナイ、一昨日にはノビタキ、でもって昨日は修道館裏でムギマキの♀が観察されてまんねん。

 ハチクマが上空を通過し、ヒドリガモも飛来したようでんな。そんでもって、ヤマガラも降りてきたってな事ですやん。この一週間で一気に様子が変わってきましたなぁ、これからが忙しいぞ、秋の渡りは!顔ぶれがコロコロ変わりまっせ。

●キビタキ:豊国神社裏♂♀型、市民の森♂♀型、飛騨の森♀型、梅林南♀型と白斑タイプの計8羽。
●オオルリ:飛騨の森で♀。一時より減少。
●コサメビタキ:修道館裏、一番櫓、飛騨の森で計6羽。
●エゾビタキ:市民の森、飛騨の森、豊国神社東、修道館裏で計6羽。
 
 でもって昨日観察されたムギマキの♀、一番櫓前でキビタキ♀型2羽と並んで撮影される。モニターを見せ頂き、キビタキ♀型よりやや喉にオレンジが見えるも自身もってムギマキ!とは・・・

 飛騨の森では、北外堀沿いの茂みからヤブサメと思われる個体が飛び出すのが目撃される。
 豊国神社東から梅林南端へ杜鵑が飛翔と。

●オオタカ:豊国神社裏の天端で早朝観察される。
●チョウゲンボウ:内堀東を南から北へ飛翔。
●モズ:飛騨の森で。
●ゴイサギ:北外堀成鳥1羽。
●コサギ:水上バス乗り場で3羽が西へ飛翔、その後2羽が追いかけるように西へと聞く。

ほなっ、その他の鳥たち!
カルガモ・アオサギ・カワウ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・

 でもって蝶でっけど観察数、個体数共に今イチ。何か今年はおかしいなぁ〜???
 ってな事を思いながらトボトボ歩き、マダムTさんからは市民森で、酒の会副会長からは豊国神社裏でアサギマダラの目撃情報。

 こっちもそろそろ本格的に始まりそうでんな、渡りが。ぼちぼち白いタオルもって歩かんといけまへんな。

 現時点では明日の天気は昼までは晴マーク、曇りが2日続いたんでここぞとばかり渡るやろうか、鷹。って、今気合い入れてもコロコロ変わるもんなぁ、天気。

 明日は明日の風が吹くか、って台風は来んといてね。

ほなっ、今日の蝶たち!
アサギマダラ・アオスジアゲハ・ツバメシジミ・アゲハ・ヤマトシジミ・ウラナミシジミ・チャバネセセリ・

posted by ひでキング! at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

また来週

 いやいや、あれやこれやしてる間にあっと言う間に終わりましたなぁ、三連休。

 順調に進む渡り、ここら辺りで一気に状況が変わり、あっちでツツドリこっちにホトトギス、でもってこちらではヨタカ、なんて大賑わいになるかなぁって思ったけど以外と静かに過ぎてしまいましたわ、哀しいかな。

 でもって、何だか中途半端に終わってしまった観のある鷹の渡り観察。実は昨日も昼からちょこっと2時間ほど東の空を眺めてましたんやけど、一向に飛影は確認出来ず。周辺の鷹見場では序盤のピークが始まってるってのに。

 やっぱ大阪城公園は、っていうか大阪平野は鷹渡りの本コースに入ってないんやろうな。ピーク時に流れ者グループや風向きの加減で大阪城公園の上空をたまたま通過するって感じなんやろうな。
 その瞬間に観察してるやどうかってのが、幸せを感じるか落胆の観察になるか大きな分かれ目でんな。

 さて、その渡り情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからは留鳥組の追加を。
●エナガ太陽広場東の森で6羽。
●メジロ:青屋門前でアオスジアゲハの幼虫を加え枝にペシペシ。最近はアオスジアゲハ少ないんでこれは勘弁して欲しいんですけど・・・
●ゴイサギ:北外堀塒でほぼ成鳥とホシゴイ。

 その他シジュウカラ、カワラヒワ、アオサギ、カワウ、ハシブトガラス、キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ・

 では蝶といきまっか!
 突出して目立った蝶はなし。アオスジアゲハが17頭と若干増えた?って言うか時期相応。
 ヤマトシジミがカタバミの群生で複数観察出来計24頭。大規模な草刈りが入らんかったら暫くは増加すると思いますわ。

 市民の森ではゴマダラチョウがエノキに留まり、北外堀沿いではヒメアカタテハがヨモギの仲間に産卵行動。
 この時期の産卵って年内に羽化するんかなぁ、ひと月として10月半ば、ひと月半として11月のかかりか・・・微妙?!

 豊国神社東では酒の会会長がムラサキシジミ確認。よっ、さすが会長、やる時はやりまんなぁ。
 空堀で繁茂する葛周辺ではウラナミシジミが飛び回る。久々に多い予感。
 ツバメシジミは4頭観察し、ベニシジミは東外堀沿い花壇で。

 チャバネセセリは5頭出会うもイチモンジセセリとは出会わず。
 アゲハは北外堀沿い、飛騨の森、西の丸庭園入り口。シロチョウ科はキタキチョウのみ。

 でもって、気になる気になるアサギマダラ。
 連休中出会った方から、8月26日市民の森で、9月1日沖縄復帰の森でそれぞれ目撃されてますねん。ワシも先週仕事中に大阪城公園から1qほど南で飛翔を確認、連休中鷹見をしつつアサギマダラを確認できんかなぁって思ってましたんやけどアキマヘン、見れなんだわ。

 でもって、トンボでっけど。
 先週はビックリするほど多かったウスバキトンボ、今日は大きく減少し30匹に。一週間かけて徐々に減少したんか、ある日突然一気にへったんかは分かりまへん。

 その他は変わった様子なくシオカラトンボ、コシアキトンボ、ギンヤンマ、タイワンウチワヤンマ、ってところでっか。

 この三連休は特に大きな変化はおまへんでしたが、最終日の今日マミジロがお出ましになりましたな。この一週間でゴロッと状況が変わるような予感しまんなぁ、責任は持てまへんで。

 ほなっ、来週また楽しませてもらいまひょか。
posted by ひでキング! at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月14日

なのに、何故?

 盆明け、一時気温が下がったと思いきや台風15号の影響で連日熱帯夜に猛暑日、寒の戻りやっら「厚手の上着また出さんといかんなぁ」で済むけど、暑の戻りはめっちゃキツいな。また暑なったなぁ、なんて悠長な事言うてる余裕おまへん、言葉でなくダラ〜ンとした表情で暑さを物語ってますもんな。

 その台風による蒸し暑さもやっと落ち着き、気温は高くも木陰は涼しくなりましたな。朝なんかめっちゃ涼しかっもんなんぁ、ほんま。でもって昨日は半日雨、その後も曇り今朝から晴天!

 9月の中旬と言えば・・・鷹の渡りでんがなぁ〜!!!
 一週間ほど前から大阪周辺では少なくもそろそろハチクマサシバの渡りが観察される。雨上がりの今日、気温も上がり風向きは北東から南西へ。皆さん、良う考えておくんなはれや、この状況。

 どう考えても、生駒山頂から大阪湾に向けて、サシバ様、ハチクマ様ご一行が大阪平野を通過なさいます〜。でっしゃろ。なのに何故。

 その結果は、「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。ワシはチョイと急ぐんで今日はこの辺で・・・。

 真っ青な空に悠然とした天守閣、
P1030403.jpg
 なのに、何故か寂しげな・・・。
posted by ひでキング! at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月07日

○○○○○○○爆発!

 台風の影響なん?めっちゃ蒸し暑いなぁ。台風15号は大阪を通過することはないようでっけど、進路の地域の皆さん、充分警戒しなはれや。コンパクトやけど急に強い風雨になるって事なんで。

 そういや〜、あれから一年でっか。あの強烈な暴風をもたらした台風から。あの日以来大阪城公園の景色が一変しましたもんなぁ、ほんま。

 暫くは倒木で公園内を自由に歩けん状況、撤去作業が続く。根こそぎ倒れた木の大きな穴に土を盛り均す。今は、そこにこれまで自生してなかった植物が繁茂、盛り土と共に種が運ばれたんやろうか、それとも倒木の根元が掘り返され地中にあった種が地表に出てきて繁茂したんやろうか。

 特に目立つのが市民の森中央のエノコログサ、教育塔裏のツユクサ。どちらも普通にある植物でっけど去年までは纏まってその場所では見た記憶はおまへんねん。

 現在、市民の森のエノコログサではスズメの若様軍団が大きな群れをなし、教育塔裏のツユクサは・・・な〜んにも居てまへん、何でやろツユクサって昆虫にあまり人気おまへんねん。

 でもって、二週間前に見っけた西外堀沿いのマルバツユクサの繁茂した場所、ようさん開花してるやろうなぁと意気揚々足を運べば・・・ガ〜ン!!! ショック!!!
IMG_3910.jpg
 ははぁ〜、草刈りがいってましたわ。マジで笑うしかおまへん。
 でも逞しいでんなぁ、植物って。直ぐさま新芽を広げ開花の準備。この様子やったら9月いっぱいは楽しめるかな?

 さて、順調に進む秋の渡り。新顔の飛来はなし、特に多く確認出来た種もなし、ってな事で今日は谷の日?

●サンコウチョウ:帰宅後、音楽堂西側で♂、雌雄不明の1羽が沖縄復帰の森で。
●オオルリ:配水池東、梅林では♀、市民の森では♀と♂若鳥、音楽堂西通路で♂若鳥。
●キビタキ:自身出会い少なく飛騨の森♀型、豊国神社東♂成鳥。
●コサメビタキ:教育塔裏、飛騨の森、修道館裏。
●コルリ:飛騨の森♂若鳥。
●ヤブサメ:音楽堂西通路斜面。
●サンショウクイ:飛騨の森で早朝1羽が観察される。

 9月の2日から人気者のコムクドリ。昨日は豊国神社と修道館の水たまりで6羽(♂2羽♀4羽)が撮影されたようでっけど、話しもおまへん。

上記以外今日の鳥たち。
オオタカ・ゴイサギ・カルガモ・カワウ・メジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・コゲラ・

 市民の森でええ感じに咲き始めたタマズダレを見て頂き、
IMG_3893.jpg
 蝶といきまっか。

 そろそろマジ眼で観察せんといけまへんなぁ、ほんま。
 今年の春は確認出来んかったアサギマダラ、「えっ?そういや〜見んかったなぁ、秋も。」なんてことにならんように。早けりゃ〜ぼちぼち飛来してもおかくしくない時期。 

 ってな事想いながら歩くも今日は確認出来ず。
 目立ったのはチャバネセセリ。城南地区とにおいの森で計10頭。
IMG_3858.jpg
 ほぼ同じ時期がピークのはずのイチモンジセセリは1頭のみ。
IMG_3901.jpg
 去年も少なかったし、何か気になるなぁ。

 他に季節を感じさせる蝶のと出会いはなく・・・
アオスジアゲハ・アゲハ・キタキチョウ・ベニシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・ツマグロヒョウモン・

 でもってトンボが大変?!
 写真はおまへんが今日も西外堀を覗けば、お休み中のウスバキトンボが1匹。「おはようさん」ってな呑気に挨拶してる場合やおまへんねん。

 覗いた西外堀内でザッと20匹。わぉ、とうとうこの日はやって来たか!
 例年夏の終わりにやって来まんねん、ウスバキトンボの爆発する日が!それが今日ですわ。

 朝イチで群れを確認したからには各所で群れが見られるやろうと注意を払いながら歩く。
 南外堀では概算50匹、森ノ宮噴水周辺では概算70匹。もみじ園では、ありゃ久しぶりとワルナスビの写真を撮り、
IMG_3881.jpg
 体を起こせば概算60匹が頭上を舞う。
 他に、太陽広場東の森、空堀、東外堀でも群れを確認し概算でっけど356匹を確認。
  しかし、この群れって大阪城公園で羽化したん、どっかから飛んで来たん?

 でもって、沖縄復帰の森とにおいの森を繋ぐ電線に留まる1匹のトンボ、曇り空の真下からの写真を角度を変え何枚も撮影、うち数枚だけ何とか識別出来、アキアカネの♂成熟個体。
 多くのウスバキトンボに混じってアキアカネやナツアカネが混じってるかも。

 人工川ではシオカラトンボが息を吹き返し14匹。
 他に大きな変化なくタイワンウチワヤンマ、ギンヤンマ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボってところでっか。

 昨日、マダムTさんのブログ「鳥写真マンガ」でアップされてたアオイトトンボを求めピース大阪周辺を歩くも探しきれず。

 まだ暫く暑い日が続くようでっけど熱中症対策をしっかりしてガッツリ鳥見しまひょ!
 秋はこれから、残暑もこれから!?・・・それは勘弁しておくんはなれ、でんな。
posted by ひでキング! at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月01日

鳥は山の日?谷の日? 鳥が谷???

 やっと雨の降らん日になりましたなぁ、ほんま。ここ2週間ほどは多少なりとも毎日降ってたんと違ゃいまっか、マジでどうなってまんのやろうなぁ。

 大阪では毎日よう降るなぁで済むけど、九州北部では例年の8月の5倍以上の降水量で被害も甚大、ここ数日でやっと復旧作業が始まったようでんな。とにもかくにも被害に遭われた方の一日も早い復旧を願いますわ。

 さて盆から静かに始まった秋の渡り、毎日いつ降るか分からん雨の影響もあって平日の観察者も少ないやろ、月曜日以降の様子は正直分かりまへん、でもって今日は山の日か谷の日か?

 セミの声もほぼ聞こえんようになり静かな朝となる。観察序盤、高校生U君と出会い「市民の森、沖縄復帰の森は何も居りませんでした。」と。今日は谷の日か。

 元射撃場でずーっと気になってたキカラスウリ、石垣で咲いてるのは知ってましたんやけど、遠いうえ陽が昇るとショボくれまんねん、この花。それが今日は比較的近くで咲いてて曇天、ショボくれる前に・・・
P1030360.jpg
 何とか撮れましたわ、スッキリした!

 踵を返し観察を再開。
 沖縄復帰の森でツクツクボウシの声を聞きながら、樹冠部を見上げる。「ゲッ」「ゲゲッ」という声と共にヒラッと舞う鳥影。
 宙返りをしそうな程踊りながら次々枝を移り渡る。ほんの数秒留まりサンコウチョウの♀と分かる。

 周囲にはカメラマン2人。動き回りなかなかすっきりとした枝に留まらん忙しいヤツ、ワシは途中で先に進んだが、残った2人はええ写真撮れたやろうか。8:30頃。

 この個体かは分かりまへんが、10時半頃には梅林南端でも1羽観察されその後見失われる。梅林から豊国神社へ行くと会長やさかなやさんなど、常連さんがさっきサンコウチョウを観たと松林や豊国神社裏で散策。梅林の個体が移動したと思われる。

 その他夏鳥は
●コルリ:飛騨の森で♂若鳥と聞く。
●キビタキ:市民の森、配水池東で計3羽。全て♀型。
●オオルリ:豊国神社裏、配水池で、共に♀。
●エゾビタキ:豊国神社裏、配水池東。
●コサメビタキ:市民の森、配水池。
●エゾムシクイ:配水池東。
●センダイムシクイ:修道館西。
 と、こんな感じですわ。

 以外の鳥たち。
●ミサゴ:観察開始早々大手門上を北へ飛翔、7:22。
●オオタカ:飛騨の森から飛び出し、西の丸庭園北側の石垣沿いで、10:15。
●アオサギ:人工池。
●カワセミ:北外堀。
●ハクセキレイ:南外堀。

 カワウ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・コゲラ・メジロ・カワラヒワ・スズメ・ハシブトガラス・

 そんでもって、北外堀でこれ!
P1030385.jpg
 そうでんねん、ホテイアオイが一株浮かんでましてん、あっと言う間に繁殖しまっせ。早めに駆除せんと大変なことに、昨年は人工池がこの植物でびっしり。

 まっ、人工池は狭いし春先に駆除されて今夏は確認出来んかったけど、北外堀がびっしり覆われたって想像するだけでも・・・恐ろし!

 今朝も西外堀を覗けば・・・
P1030348.jpg
「おはようさん。」ひと廻りして15匹と大きく減少のウスバキトンボ。
 その他のトンボも少なくなり、シオカラトンボ、ギンヤンマ、コシアキトンボを確認しただけ。

 東外堀沿い花壇でベニシジミ。
P1030377.jpg
 これって、先週交尾してた個体の・・・??? ♀?
 同じ個体はかは分かりまへんが先週の写真で確認したら、どうも♀って感じでんなぁ。やっぱ雌雄一緒の写真はあった方がよろしいな。

 この撮影後、足下では日向ぼっこ中のウラナミシジミ。
P1030381.jpg

 ルリシジミを求め、豊国神社裏のナツフジを探すも現れたのはツバメシジミ。
 ヤマトシジミは26頭と一気に増加、太陽広場東の森ではちょいとしたカタバミの群生、その場で15頭。

 アオスジアゲハやはり少なく4頭。イチモンジセセリ、チャバネセセリ共に1頭。
 帰り際、大手門まで忙しなく飛んだり着地したりのヒメアカタテハ。
P1030398.jpg
 なにげに撮った写真の一枚に驚きの事実が!まずは観ておくんなはれ。
P1030394.jpg
 拡大した写真で粒子粗々でっけど、お尻を葉の上やなしに地面(厳密には刈られた枯れ草)にくっつけてまっしゃろ?
 これって産卵行動と違ゃいますのん?何を思ってか分かりまへんが、こんなの初めて見ましたわ。
 色々楽しませてくれまんなぁ、生き物たちは。

 蝶やトンボはともかく、今日の大阪城公園の野鳥は山の日?鳥の日?
 なになに、鳥が山、谷。鳥が谷・・・鳥谷!!!

 阪神タイガース一筋16年、生え抜きでかつ優勝経験のある数少ない選手がまた一人縦縞のユニフォームを脱ぐことに。

 華のない選手やけど、連続試合出場1939日本では史上2位、生え抜きで球団史上2人目の2000本安打達成など、地道に真面目にコツコツと野球に向き合うタイプ。
 昨季から成績が芳しくないんで、ひょっとしてと危惧はしてましたんやけど、やっぱり。

 本人は他球団でと現役を希望。ワシとしては何処に行ってもええから納得いくまで野球に取り組んで欲しいと思ってまんねん。なるべく強い球団で一年でも長〜く頑張っておくんなはれ。

 そんでもって、移籍先の球団の長所をしっかり勉強して、指導者として阪神に帰ってきて、そのノウハウを取り入れて阪神を強くしてねっ。って、姑息な考えかな???

posted by ひでキング! at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記