2016年09月24日

今日もまた

 さぁ〜気合い入れて鷹見でっせ! 
 前回同様鷹見場へ一目山、ところが、ところがでんがな、前回より風が強く山頂を覆ってた雲があっと言う間に真上に。仕方おまへんなぁ、早々に諦め明日に懸けるとしまっか。

 でもね、でもねでもね・・・
 鷹見場到着早々ツインタワー21方向から小さな影が南へ向かうのが見えましてん、双眼鏡を構えれば、うぉ〜アサギマダラや! アサギマダラが飛んでる!

 生駒山系の山並みをバックに飛翔を追う。力強く羽ばたき、時折力なくふわふわ風に乗り、また力強く。それを何度も繰り返し南へ南へ。
 ビルの看板と重なり見失ったけど、感動しまんなぁ、実際、目頭が熱ぅなった来ましたで。
 何週間、いや何ヶ月かけて南の国に辿り着くんやろ。最長2500qの旅、幾多の障害を乗り越えて必ず目的地に到着しろよ!

 さて、野鳥は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからはその他の蝶の様子を。

 と、その前に、涼しくなって蚊が少なくなってから撮ろうと思ってた市民の森のヤブランをご覧頂き、
IMG_5334.jpg
 改めて蝶の話をば。

 って言うても曇天で早朝は半袖では寒いくらいの天気、活動個体は少なかったな。その中でも元気やったんがウラナミシジミ。
 鷹見場へ向かう途中、空堀でお寝ん寝?
IMG_5258.jpg
 近付いてもピクリとも動かんかったなぁ、あの忙しい蝶が。
 もみじ園では交尾個体を含む5頭を確認。
IMG_5305.jpg
 で、この交尾中やけど。左の個体の後ろ足?が尾部辺りに接触しもぞもぞ、何やってるんやろ。
 以前もチャバネセセリの交尾中、♀と思われる個体が相手の尾部を刺激するかのように後ろ足でバシバシ叩いてたのを観察したし。蝶の交尾は長時間にわたるんで終始観察出来んけど交尾中こんな行動が各蝶で行われてるんやろうか?

 帰り際、空堀沿いを歩けば8頭が忙しなく飛び回る。留まったかと思うやすぐ開翅、
IMG_5355.jpg
 薄い雲に遮られた日光を体いっぱいに浴びてましたわ。今季は順調に増加し計15頭。

 空堀ではツバメシジミ、イチモンジセセリ、チャバネセセリも葛の葉の上で日光浴。差し詰め「スーパー銭湯 葛葉の湯」ってとこでっか。

 城南地区ではこれまた9月に入り順調に姿を見せてくれるルリシジミ。
IMG_5289.jpg
 イワダレソウの品種改良のフィラで朝ご飯。その後は日光浴で体を温める。
IMG_5293.jpg
 こちらは「大衆浴場 城南の湯」。飯食って風呂入ったら寝るしかおまへんで、実際。

 ヤマトシジミは計40頭と低い気温の割には多く目につく。
 モンシロチョウは人工川でひらひら。
 アオスジアゲハはグッと減り11頭。

 天気が悪ぅても何かと楽しませてくれますわ、実際。
 今日もまた鷹の渡りは確認出来なんだけど、明日早朝は晴その後は下り坂の予報、朝イチが勝負でんな。どうなるこっちゃ分かりまへんが、とにかくええ方に予報が外れることを願って、

今日の蝶といきまっか!
アサギマダラ・アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ルリシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・

 
posted by ひでキング! at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月22日

気になるヤツら

さっ、まず今日の野鳥たちといきまっか!
メボソムシクイ・カワラヒワ・メジロ・エナガ・シジュウカラ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・コゲラ・ハシブトガラス・
カワウ・カルガモ・ハシビロガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・ササゴイ(若鳥)・ハクセキレイ・カワセミ・アオサギ・

 結果から言ってこの通り。ワシが確認出来た夏鳥は飛騨の森で「ビビッ」と聞こえたメボソムシクイ、北外堀でササゴイの若鳥だけですねん。

 ってのも、出がけに空を見れば天気予報と違って思いの外晴れてるやおまへんか。昨日の元山さんのブログでは「ツツドリ3羽」。気になるけど、それよりこの時期限定の気になるヤツが現れるかも?と、いつも通りの観察をパスし鷹見に変更。

 大手門前に到着するや一目散に鷹見場へ。7:50鷹見開始。
 東の空は山頂に雲が掛かるも
IMG_5182.jpg
 北の空は晴れる気配。
IMG_5183.jpg
 低い雲は北西に流れ、高い雲はゆっくり東へ。

 低い雲辺りでクルクル舞うサシバにハチクマ、さ〜どっからでもかかって来んかいっ! と期待に胸を膨らませ待つこと10分、20分・・・1時間。徐々に東の雲が勢力を増し一面雲に覆われる。結局9:10に諦め週末に夢を繋ぐことに。

 さ〜て、ここは大阪城公園のど真ん中、どっち向いて歩こ。昼から雨の予報やし中途半端な観察になるなぁ、実際。と悩んだ挙げ句、カモの確認にと北側から攻めることに。

 飛騨の森からは北外堀で6羽のヒドリガモ。
IMG_5202.jpg
 それと越夏キンクロハジロにカルガモ1羽。

 京橋口からは西外堀でハシビロガモ1羽に6羽のカルガモ。
 2種の越冬ガモは初認から継続的に滞在中でんな。

 11時頃、パラッと雨が来たんで慌てて帰宅したものの・・・
 結局雨降ってないんと違うん、それやったらもっと時間かけて歩いたら良かったぁ。ってな事でササッとテキトーに歩いたんで夏鳥とは出会わず。

 週末には夏鳥わんさか、上空を目が廻るほどの鷹が渡った〜、な〜んて報告したいなぁ〜。

 ほなっ、お次は蝶の話を。
 鷹と共に気になるヤツは、やっぱアサギマダラでしょ。
 鷹見中、天空を舞う姿や内堀から目前を急上昇する姿も見られるし、公園内の枝にぶら下がってるって事もあるんでかなり意識しながら歩いたけど・・・はぁ〜。

 ただアサギマダラはこれからが本番、まだ諦めてまへんで〜。
 その他蝶は、テキトーに歩いた割には多く出会いましたな。
 
 恐るべしもみじ園では前回に続きキマダラセセリにイチモンジセセリ。キタキチョウが舞い、足下から飛び立つアカタテハ。横向いて歩いてたら急に目の前に現れるやおまへんか!まさか通路に居てたとは・・・

 ウラナミシジミは広範囲で確認出来、これまでのもみじ園や空堀以外に大手門前でも観察。
IMG_5237.jpg
 このまま順調に各所で観察出来るようになったらええんやけど。
 大手門前ではツバメシジミも。
IMG_5246.jpg

 南外堀沿いではヤブガラシで吸蜜のゴマダラチョウ。
IMG_5227.jpg
 ヤブガラシでの吸蜜は余り見掛けんなぁ。

 今日は天気に振り回され、そのうえ気になるヤツらとの出会いはひとつもなかったけど週末に懸けるとしまっか!

 そんでもってサシバ、ハチクマ。アサギマダラより気になるヤツがあと一歩のところまで。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・アカタテハ・ゴマダラチョウ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月19日

のんびり

 嫌な天気が続きまんなぁ、ほんま。今年の台風はのんびりしすぎでっせ、実際。
 いつやったか10号でっか、Uターンするし今回の16号も13日に発生って事なんで、かれこれ一週間になりまんがな、今夜遅くには九州に上陸の予報、気ぃ付けておくんなはれや。

 さっ観察開始、大手門前に到着すれば。「整列、ひでキング!様のおな〜り〜」とスズメが石段に集まり整列するやおまへんか!
IMG_5096.jpg
 お〜、苦しゅう〜ない。ってなもんですわ。なかなか気持ちのええもんでんな。

 さて、一週間と言えばツツドリ。全てが同じ個体とは言えんけど今日も教育塔裏で幼鳥が撮影され、これで一週間でんな。一昨日、ヘリポートで観察した成鳥は昨日から現れたオオタカに場所を陣取られその後姿を見せんとのこと。

 でもって、今日もヘリポート北側でオオタカが睨みを利かせてましたで。
IMG_5131.jpg

 飛騨の森ではコルリの♀。初認が10日、これまた長期滞在で9日目。
 コルリより長期滞在はサンコウチョウ。初認は8月18日、それ以後毎週観察、その間断続的な情報も。もちろんずーっと一緒の個体かは分かりまへんが、種としての継続記録ではひと月以上。

 かなかな新顔が現れんけど、一昨日には西の丸庭園でヨタカの報告、一日で居らんようになったようでっけど。それとハシビロガモでっしゃろ。
 昨日は東外堀でマガモの♀が観察され、配水池東で今季2度目?のホオジロ。
 まっ、ゆっくりとではおまっけど、進んでるっちゃ〜進んでるか。
 
 ところで今日の状況はといえば・・・
●キビタキ:人工川♀型、配水池東♀型、元射撃場と梅林で「プリップリッ」の声。
●コサメビタキ:飛騨の森と豊国神社裏。
●ツツドリ:上記教育塔裏→六番櫓→西の丸庭園空堀へ移動とのこと。
●サンコウチョウ:ヘリポート→豊国神社東→修道館裏へ移動と聞く。
●エゾムシクイ:人工川、配水池東。

 その人工川で一昨日まで確認出来ず今年は見れんかなと思ってたシロバナサクラダテ、今日やっと1本咲いてたんでご覧くだされ。
IMG_5098.jpg

 オオルリは寂しいかな姿なし。
 今日のカモはカルガモと越夏キンクロハジロのみ。 
★追加情報。
 3時半頃、西外堀でヒドリガモ2羽今季初認、ハシビロガモ3羽。カモも続々到着してまっせ!

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ツツドリ・サンコウチョウ・キビタキ・コサメビタキ・コルリ・エゾムシクイ・オオタカ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・コゲラ・エナガ・スズメ・カワウ・アオサギ・カルガモ・キンクロハジロ・ハクセキレイ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 さて蝶でっけど。
 観察開始から暫くは曇天とあって活動個体は余り見掛けず。薄日の差し始めたもみじ園で日向ぼっこのヤマトシジミ見つければ・・・
IMG_5106.jpg
 ムラサキシジミとツバメシジミが居てたよと聞く。
 キタキチョウ3頭が飛び回り、今日唯一のイチモンジセセリもちょこまかちょこまか、キマダラセセリも日向ぼっこに現れ、
IMG_5110.jpg
 ウラナミシジミも2頭が追っかけ合い。ウラナミシジミは広範囲で計16頭、内12頭は空堀で。
 これぜ〜んぶ、もみじ園でっせ。 もみじ園恐るべし。

 市民の森で目の前をワッと横切る黒い蝶、ワシの周りをゆったり飛翔のクロアゲハ。この個体右の尾状突起及び後翅下部が欠損してるんで今度出会えばすぐに分かりまっしゃろ。

 最後に歩いた豊国神社東でオオニシキソウ、と思うけど鋸歯がないんで悩みつつ撮影したオオニシキソウと思う写真を見て頂き、
IMG_5167.jpg
 雨がポツポツ。

 こりゃ〜のんびりしてられん、ササッと歩いてなんとか傘を使わず観察終了。

 あと数日は台風の影響で荒れ模様、早くスカッと秋晴れにならんかなぁ、実際。
 今年の秋は台風も野鳥ものんびりかぁ???

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・クロアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・キマダラセセリ・
posted by ひでキング! at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

確実に

 なんで、なんでこんな蒸し暑いのよ、ほんま。秋の気配どころか夏に逆戻りでんがな、何とかして〜って言いたなりまんなぁ、実際。最高気温32.1℃、湿度は早朝92%その後は平均80%ほど、これってやっぱ夏でんがな。

 さて野鳥の報告でんな。
 大まかには昨日の元山さんの観察と大きな変化なし。やけども・・・

 朝イチ大手門前でアオモンイトトンボを撮影後体を起こせば大手門横の塀の上に見慣れん影。
IMG_4970.jpg
 クルッと回り込みパッシャッと撮影。最近よく見られてるイソヒヨドリ、写真を見る限り♂若鳥でんな。
IMG_4974.jpg
 その後城南地区で本町通り沿いのNTTの建物から2羽のイソヒヨドリが鳴きながら豊国神社方向へ、1羽は元の建物へ。戻った個体は♂の若鳥。写真の個体でっしゃろ。もう1羽の雌雄成若は不明。

 音楽堂西通路で大型の鳥影がうろうろ。
 ヒヨドリより大きい、ほぼハトの大きさやけどかなりスマート・・・ツツドリ?と暫く探し毛虫を食べる成鳥発見。

 後にヘリポートで出会ったカメラマン達から成鳥の写真を見せて頂く。行ったり来たりなかなか撮影出来ないと。

 一昨日は梅林に成鳥、ヘリポートで幼鳥。昨日はヘリポートで幼鳥ってことでっけど、今日は音楽堂付近とヘリポートを行き来してると思われる成鳥1羽、ほんなら幼鳥は何処へ?

 市民の森でサンコウチョウ。真下から1羽確認、直ぐさま音楽堂方向へ飛んでったけど、その時は2羽で仲良く。大きさ形は全く同じ。サンコウチョウ2羽が同行???

●キビタキ:市民の森、配水池東、梅林で計4羽、全て♀型。
●オオルリ:市民の森♂1羽♀1羽。
●エゾムシクイ:市民の森1羽。
●コルリ:飛騨の森♀1羽。
●コサメビタキ:人工川、配水池東、豊国神社裏。
●エナガ:大手門西芝生エリアで5羽の群れと市民の森で。
●カワセミ:西外堀1羽。
●ハクセキレイ;西外堀ともみじ園で。

 でもって、教育塔天辺でモズが高鳴き。
 これまた、そんでもって西外堀北側でハシビロガモご一行様到着!!!って言うても3羽でっけど。

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
ツツドリ・サンコウチョウ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・エゾムシクイ・コルリ・イソヒヨドリ・モズ・エナガ・メジロ・シジュウカラ・コゲラ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・
カワウ・カルガモ・ハシビロガモ・キンクロハジロ・アオサギ・コサギ・カワセミ・ハクセキレイ・

 さて、何かと面白い今年の蝶の話しでんな。って言うても毎回何かあるわけではおまへんで。

 今季少ないイチモンジセセリとチャバネセセリ、観察開始早々大手門で両種と出会う。取りあえずクサギで朝ご飯中のチャバネセセリの写真を撮って。
IMG_4976.jpg
 今日の初蝶が2種のセセリ、この調子やったらメッチャ増えてるかも、という期待も虚しくイチモンジセセリは3頭、チャバネセセリはこの1頭だけ。

 教育塔裏から人工川への小道、足下で見っけたのが、わぉ! ホシミスジじゃん! ウレピー!
IMG_5055.jpg
 まだ閉翅(裏面)の写真撮れてないんで暫く待つと、数分おきに数度ゆっくり開閉、閉じたところをパシャリ!っと一発で決まらんのがワシのテクニックでんがな。15分位粘ってこんなもん。
IMG_5044.jpg
 この間どれだけ蚊に餌を与えたことやら。

 本種は8月11日に人工川で撮影、その後15日に教育塔裏でらしき飛影を確認、それ以来のひと月以上出会わんかったんやけど、過去の記録から複数と居るとは考えにくく同一個体ってのが自然な考えですわ。だとすれば本種は成虫でひと月以上生きてるって事でんな。

 翅の状態から命からがら生き延びて様子が窺えまんがな、何だか涙出てきそうですわ、実際。

 もみじ園と空堀では、なんとか刈られずに済んでる葛に纏わり付くようにウラナミシジミが計14頭。この状況やったら今年は多く確認出来るかな。

 そのもみじ園では、久々に撮影出来たセスジイトトンボ。
IMG_5087.jpg
 本種は夏季中堀内の浮き草のや藻の上でしか確認出来んかったんでプチ・ウレピー! 

 豊国神社裏では久々のツバメシジミと出会うもピタパタ飛び回り撮影不能。
 帰り際大手門前でお疲れさんと、これまた久々のモンキチョウがお見送り。
IMG_5094.jpg
 おおきに!って、このモンキチョウもこの状態で全く動かず、お前さんこそお疲れさんと違うゃか?

 蒸し暑く夏に逆戻りした感の天気やけど、モズの高鳴き、ハシビロガモの到着、確実に季節は進んでまんねんなぁ、ほんま。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・ゴマダラチョウ・ホシミスジ・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ベニシジミ・ルリシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・
posted by ひでキング! at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

ええ感じでんな

 広島東洋カープおめでとう! 
 2位ジャイアンツを直接下して15ゲームの大差を付け25年振りの優勝。82勝の内42勝が逆転勝ち、昨日の試合も見事な逆転での勝利。カープファンには申し分のない試合でしたやろ。

 しかし情けないな我らが阪神タイガース、今年は広島のお得意さんでしたがな、差し詰め阪神銀行ってとこでっか。阪神も頑張らんと11年優勝から遠ざかってまんねんやろ、気が付けば四半世紀振りの優勝ってな事になりかねまへんでぇ、実際。ワシが生きてる内に優勝出来るやろうか。

 さて昨日に引き続き賑やかな野鳥情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き。

 そろそろ咲き始めたニラの花を見てもろぅてやね、
IMG_4868.jpg
 蝶の話といきまっか!

 昨日71頭を確認したヤマトシジミ、今日は84頭と今季最多。若干遅れのピークがやってきたって感じでっか。

 第3化の時期が気になるアオスジアゲハ、9月に入って徐々に増え今日は18頭。今後の観察数に注視しつつ最終的な羽化期の波を判断するとしますわ。

 昨日1頭だけしか出会わんかったモンシロチョウ、ほぼ変わらず2頭の観察。
 
 最近ワシの中で何かと話題のキタキチョウ、昨日から大きく数を増やし今日は7頭を観察。元博物館裏では合歓の若木に産卵の個体も。
IMG_4914.jpg
 石垣の隙間から生えてたんで伐られへんかなぁ、心配。

 ウラナミシジミは空堀ともみじ園で9頭を確認。

 もみじ園で先週イチモンジセセリを撮影したガガイモが咲き始めてましたわ。写真を撮ろうと思ったその時! ええタイミングでホシヒメホウジャク(多分)が吸蜜に。
IMG_4865.jpg
 ガッツリ粘ってやっと撮れましたわ。

 でもって、イチモンジセセリは城南地区で2頭。
 チャバネセセリは1頭の観察のみ。 今年はこの2種の数が異様に少ないなぁ?
 もみじ園ではベニシジミも。
 
 ウラギンシジミは緑のリズム、配水池東で。
 ゴマダラチョウは市民の森で2頭。

 昨日余りええ写真が撮れなんだルリシジミ、梅林で昨日よりはマシな写真撮れたんで取りあえず。
IMG_4873.jpg

 秋の気配を感じ、そろそろ姿を現すやろうなぁ、と思ってたテングチョウ、飛騨の森で一瞬留まるも・・・

 その飛騨の森でアゲハがランタナでまったり吸蜜。
IMG_4900.jpg
 夏型は迫力あって落ち着いてて優雅でんなぁ、ほんま。

 2種のセセリ以外は順調な観察やなぁ、とご機嫌で帰路へ。

 千貫櫓を抜け大手門へ向かう途中、石垣と塀の間にアゲハが留まってるやおまへんか。何をしてるんやろと双眼鏡で捕らえた瞬間。
 えっ、キアゲハじゃん!!! もちろん今期初でっせ〜!
IMG_4957.jpg
 この写真では分かり難いけど双眼鏡で見たときは開翅状態、最大の識別点である前翅基部の特徴をハッキリクッキリ確認。

 暫く様子を見てましたんやけど、翅を羽ばたかせることなくずーっとこの状態。よっぽど美味しい何かがあるんやろうか、それともストロ−が抜けんようになったんやろうか。大股開いてえらい踏ん張ってるみたいやけど。

 ここまではええ感じで進んでる渡り、明日の夕方から週末まで愚図つくってな天気予報なんで暫くは現状維持って感じかな。でも雨上がりは更に季節も進みまっしゃろ。同様に渡りが進むことを祈るとしまっか!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・キアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・テングチョウ・ゴマダラチョウ・ウラナミシジミ・ウラギンシジミ・ルリシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・イチモンジセセリ・
posted by ひでキング! at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月10日

加速

 気持ちええ朝、日中強い陽射しも影は涼しく季節が加速したって感じでんな、実際。

 徐々に進む秋の渡り、今日の進み具合は如何なものか。

 観察開始早々育塔裏でいきなりキビタキ♂。高い木の樹上を飛び回り追っかけるだけで精一杯。
●キビタキ:上記他、沖縄復帰の森、豊国神社裏、桜広場、配水池東、飛騨の森、弓道場など計12羽。♂成鳥は教育塔裏、市民の森、桜広場、配水池、豊国神社裏。弓道場で。
●オオルリ:市民の森♀と若鳥、桜広場♂、飛騨の森♀。早朝配水池東で♂1羽と♀型5羽が乱舞と。想像でっけど、今朝大阪城公園に到着したオオルリ御一行さんが各所に分散したんと違ゃいまっか。
●コサメビタキ:西の丸庭園の6羽を始め市民の森、飛騨の森、豊国神社裏で計11羽。多分もとおいてまっしゃろ。
●コルリ:飛騨の森で♀、西の丸庭園で若鳥。
●ヤブサメ:早朝飛騨の森でコルリと共に観察との事でっけど、その後行方不明に。
●エゾムシクイ:市民の森で2羽。
●サンコウチョウ:昼頃には沖縄復帰の森と市民の森で。早朝は豊国神社裏で観察との事やったけど昼過ぎには確認出来ず。

●オオタカ:北外堀観察中、カラスに追われ飛騨の森から飛び出す猛禽。後ろ姿はオオタカやと思うんやけど??? その後飛騨の森で出会った方にさっきオオタカが飛び出したと。方向、時間、ワシが見たのとピッタリ一致。
●エナガ:豊国神社東でシジュウカラ、コゲラと共に2羽。
●カワラヒワ:市民の森で4羽、修道館西7羽、その他各所で「キリキリコロコロ」

●キンクロハジロ:今日はちゃ〜んと北外堀で確認。
●カルガモ:西外堀7羽。
●カワセミ:北外堀1羽・内堀西の丸庭園側で1羽。
●でもって、久々のハクセキレイ:西外堀でトンボを撮影中「ツィツィン・ツィツィン」残念ながら姿は確認出来ず。 一昨年までは繁殖期中、チビさんを引き連れて来てましたんやけど、昨年からチビさんの姿が見えず。夏の間は殆ど出会わんかったんですわ。

 とまぁ、賑やかになってきましたで!

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
コルリ・キビタキ・オオルリ・コサメビタキ・サンコウチョウ・ヤブサメ・エゾビタキ・オオタカ・エナガ・シジュウカラ・カワラヒワ・メジロ・スズメ・コゲラ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・ハクセキレイ・カワセミ・カワウ・アオサギ・カルガモ・キンクロハジロ・

 さっ、そろそろ咲き始めたタマスダレを見て頂き
IMG_4710.jpg
 蝶といきまっか!

 朝イチの活動個体が少なくなったのは気温が下がったから?
 大手門前から人工川までは蝶の姿なし、ここでは居るやろと目を凝らしナガバオモダカに留まるモンシロチョウを確認。 今日のモンシロチョウはこの1頭だけ。

 その横には頭に血が登りそうな姿勢でウラギンシジミ♀。
IMG_4661.jpg
 ウラギンシジミは沖縄復帰の森、青屋門前、空堀でも確認。

 あっ、そうか! 人工川行く前にシオカラトンボの朝ご飯の写真撮って帰宅後餌を確認。そしたら・・・
IMG_4654.jpg
 これ分かりまっか? 翅の班の模様からチャバネセセリ。
 今日の一番蝶はチャバネセセリ? チャバネセセリは城南地区でも2頭。しかし厳しいのぅ、自然は。

 でもってやっぱりイチモンジセセリの姿はなし。何だかおかしいなぁ、ほんま。
 その代わりっちゃ〜大変失礼やけど、沖縄復帰の森でキマダラセセリを確認。

 ゴマダラチョウは飛騨の森、内堀で。面白いのは空堀の個体。
 アキニレ?に一瞬留まりそのまま降下。内堀の水面に浮き上がった藻の上で吸水中背後から迫り来るミシシッピーアカミミガメ(通称ミドリガメ)がゴマダラチョウを狙いパクリ! とはいかず、間一髪で飛び上がる。 サンコウチョウには捕まるけど亀には捕まりまへんねんな。

 ツマグロヒョウモンは城南駐車場とボケ植栽場で。でもってこれまた面白い行動が。
 ボケ植栽場の♂。近くにホバリング状態のウスバキトンボが4匹。気の強い本種が果敢に追い払うのはええけど・・・あっちを追っ払えばこっちが戻り、こっちを追っ払えばあっちが帰って来。イタチごっこの蝶とトンボ。

 さっ、京橋口近くで今年もちゃ〜んと咲いてくれたヒヨドリジョウゴの写真を見て頂き、
IMG_4733.jpg
 先に進みまっか!

 西の丸庭園焔硝蔵裏、ミヤギノハギでルリシジミ。
 IMG_4777.jpg
 他数カ所でらしき飛影を見掛かるも確認出来たんはこの1頭だけ。

 同所ではウラナミシジミも2頭。ウラナミシジミは元射撃場、空堀でも確認出来計10頭。西の丸庭園以外ではいずれも近くの葛に纏わり付く。

 市民の森を観察中頭上を舞う漆黒の蝶。おっ、ナガサキアゲハや!
 盛夏とは違い飛翔もゆったり。これやったら写真撮れるかもと早足で後を追い、ニレ科の葉の上に留まったところを・・・パシャリ、パシャリ、パシャリ、パシャリ!
IMG_4721.jpg
 ままっ、何とか分かりまっしゃろ。 でもってこの個体後翅の外側が欠損。これもサンちゃんの仕業??? 
 飛騨の森でも1頭のナガサキアゲハ。場所も遠いし翅の欠損がなかったんで別の個体でんな。

 いやぁ〜野鳥に負けじと蝶も各所で楽しませてくれましたわ、ほんま。

 今朝到着したと思われるオオルリ、キビタキ、コサメビタキ。秋の蝶ウラナミシジミやウラギンシジミも個体数が増え大阪城公園の秋は加速しましたで!

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・キタキチョウ・ゴマダラチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ウラナミシジミ・ルリシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・キマダラセセリ・

posted by ひでキング! at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

ついて行けまへん

 勘弁してって言いたなりまんなぁ、ほんま。9月に入って日毎暑なるってどうなん。台風の影響やろうと思うけど勘弁して欲しいわぁ、実際。

 出会う人、出会う人「な〜んにも居てまへんなぁ」が挨拶あった昨日今日、市民の森だけはちょっとした賑わい。

 最近、豊国神社付近と(今日は修道館裏で4羽)
IMG_4637.jpg
 音楽堂付近で(今日はもみじ園で6羽)
IMG_4585.jpg
 2つのグループが観察されてるエナガの群れ。

 もみじ園の群れが市民の森方向へ移動しその先ではエナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、エゾムシクイに混じって2羽のサンコウチョウ、時折「ゲッ」の声を発しながらが大はしゃぎ。暗いうえに動き回りワシはついて行けまへん、諦めて双眼鏡で観察。

 低い位置に居る1羽をカメラマンが撮影中、樹冠部でもう1羽を確認し同時に2羽。

 モニターを見せて頂いた1羽は嘴の基部と先端が黄色かったんで若鳥でっしゃろ。もう1羽は見たところ♀って感じ。
 同所ではオオルリ♂若鳥、キビタキ♀型も撮影されてますわ。

 早朝修道館西でカワラヒワ20羽の群れを複数人観察。
 南外堀では、おぼつかん飛翔のカワセミ1羽。
 北外堀青屋門側のウォーターフェンスに留まるアオサギ若鳥、京橋口側から大阪城ホール方向へ飛翔の1羽。アオサギを2羽同時に観察したんは久し振り。

 でもって、昨日今日と確認出来ずちょいと心配、北外堀のキンクロハジロ。単に見落としただけやったらええんやけど・・・

ほなっ、今日の野鳥たちといきまっか!
サンコウチョウ・オオルリ・キビタキ・エゾムシクイ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カワウ・アオサギ・カルガモ・カワセミ・

 で、元気いっぱいの蝶は・・・って何でこんなに元気なん、ついて行けまへんで実際。

 昨日より更に個体数が増えたヤマトシジミ、ひと周りして76頭。
 カタバミの群生が確認出来たにおいの森付近、青屋門前、太陽広場東の森では10頭単位で。
 太陽広場東の森ではカタバミと並びキツネノマゴの群生も。
 その蜜を求めヤマトシジミにキチョウ、
IMG_4609.jpg
 モンシロチョウが懸命に吸蜜。
IMG_4614.jpg
 でも小さい花なんで蜜が少ないんやろうなぁ、花に留まってる時間計ったら3秒ほど。なもんで、写真撮るのも次ぎに訪花する花を予想して待ち構え作戦、やっとこさ撮れましたで。はぁ〜暑かった。

 第3化を迎えたはずのアオスジアゲハは11頭と今イチ羽化期の実感なし。
 昨日久し振りに出会ったルリタテハ、自身出会えずも市民の森で観察情報。
 ムラサキシジミは教育塔裏、市民の森で。
 もみじ園では小っちゃい小っちゃいツバメシジミと、動き過ぎやぞウラナミシジミ、ワシゃ〜ついて行けまへん!

 ウラナミシジミはクズの花が咲き始めた空堀でも。
IMG_4569.jpg
 蕾とは言えんほど小さな蕾で何やらもごもご。
IMG_4649.jpg
 複数頭居てたんでちゃんと交尾し、たくさんあった穂先を利用し繁殖してくれたらええんやけど。ただ蔓が結構伸びてきてるんでそのうちバッサリ・・・やろうな、心配。

 今週前半ちょいと秋めいたんで喜んでたら週末は酷暑に逆戻り、もぅワシはついて行けまへんで、実際。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・ルリタテハ・ゴマダラチョウ・ムラサキシジミ・ウラナミシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・
 
 
  
posted by ひでキング! at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

急春緩秋

 朝晩は涼しなったけどまだまだ気ぃ抜いたらアキマヘンで、日中の蒸し暑さはキツいのなんのって、もうひと息、台風が通過したら多少気候も変わると思うんやけど。

 今日のタイトル「急春緩秋」(きゅうしゅんかんしゅう)。
 野鳥の渡りを表す言葉で、春の渡りは急に飛来し短期間で去る、秋は徐々に飛来し長期間居まっしゃろ。それを表した言葉ですねん。ええ言葉でっしゃろ、ワシが考えましてん、皆で流行らせまひょ。

 さて、今日の状況は。
 お盆にコルリ、センダイムシクイ、コサメビタキ、サンコウチョウなど順調に飛来したと思われたけど、その後は停滞気味。数日前にオオヨシキリ、サンショウクイ、コムクドリが観察されるも・・・

 今日ワシが出会った夏鳥は音楽堂西通路でオオルリ、全体をスッキリ確認出来なんだんで♂の若鳥か♀かは??? ♂の成鳥でないことは間違いおまへん。

 途中出会った10人ほどの観察グループの方に音楽堂付近でセンダイムシクイ。
 豊国神社裏でカメラマンに、ここと修道館裏を行き来するキビタキ♂の撮影者あり、モニターを見、奇麗な♂だったと。
 市民の森水飲み場でもキビタキが観察され、カメラマンが集まってるとの話し。

 今年はまさに「急春緩秋」って感じでんな。
 春は早くから一気に種々の夏鳥が飛来、秋はなんだかもたついてるって感じ。
 こんな時は頭上でコンコン餌を探してたコゲラを撮って
IMG_4559.jpg
 撮影の練習ですわ。

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
キビタキ・オオルリ・センダイムシクイ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・アオサギ・カワウ・カルガモ・

 さっ、蝶でんな。
 観察開始早々西外堀沿いで、おっ、これはチャンス! 朝日の当たる珊瑚樹で前開ルリタテハ♂。 ところがでんがな、カメラに手をかけた瞬間パッと飛び出してしいましたがな、これが。 久々に出会ったルリタテハ、こんなに警戒心強かったっけ?

 ヤマトシジミはググッと増え65頭。もみじ園では悩ましい個体も。
 この写真じゃちょいと分かり難いけど。
IMG_4500.jpg
 翅表外縁がちょいと緑色に光沢してまへん? 実際にはもっと緑が強く見えたんで一瞬とんでもない初蝶かと思ったけど、裏面の模様はしっかりヤマトシジミ、撮影後カタバミに産卵行動してたし。

 たくさん居てりゃぁ、変わった個体も居てますわな。多くのヒドリガモの中にアメリカヒドリガモが混じってるって事もあるし。

 このヤマトシジミの横ではエノキ?の実生で日向ぼっこのアゲハがまったり。
IMG_4518.jpg
 この時既に汗だく、日向ぼっこどころではおまへんで、実際。
 久々に複数頭(4頭)観察の本種、第三化が始まったかも。

 でもって、同じくもみじ園でやっと姿を見せてくれたイチモンジセセリ。
IMG_4527.jpg
 嬉しいやおまへんか、実際。 えっ、「イチモンジセセリがそんなに嬉しいか」ってでっか、いやいや、これ、なんの葉っぱに乗ってると思いまっか、ガガイモですねん。左側と左上に蕾が見えまっしゃろ、これがええんですわ。

 数年前からもみじ園で確認、徐々に範囲を広げてまんねん。これが開花したらアサギマダラが立ち寄ってくれる可能性あり。待ち遠しなぁ、アサギマダラ。

 青屋門前ボケ植栽場では小さなベニシジミ。
IMG_4548.jpg
 他ではもみじ園、北外堀沿いでも出会ったけど一応にして小さな個体やったなぁ。8月は雨が少なく植物の発育が悪かったもんなぁ、食草の栄養が充分でなかったんかも。

 それとでんな、野鳥や蝶の話ではおまへんが、朝イチのルリタテハを観察して直後目に飛び込んで来たのがこれですねん!
IMG_4476.jpg
 これってマルバツユクサと違ゃいますのん! メッチャ嬉しい!

 この花は昨年まで太陽広場東の森顕彰塔南でしか確認出来てなかったんですわ、それがあんた、ご存じの通り顕彰塔と弓道場の間が駐車場になりましたやろ、先月確認したらやっぱり芽も出てまへんでしてん。もうこの花とは出会えんなぁ、と諦めてたらえらい所に咲いてるやおまへんか!

 ここやったら毎回一番に観察するんで、花期中毎回観察出来るって事ですやん。
 今日の収穫はルリタテハとマルバツユクサ。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・アゲハ・モンシロチョウ・キチョウ・ルリタテハ・ウラギンシジミ・ベニシジミ・ヤマトシジミ・イチモンジセセリ・
 

 
 
 
 
 
posted by ひでキング! at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

挽回!

 昨日の晩は涼しかったなぁ、ほんま。窓を開けてるだけで充分、クーラーなしで就寝、朝まで気持ち良くお寝ん寝。
 早朝は風もあり心地よい、さぁコルリにサンコウチョウを楽しみに、レッツ・ゴー! でんがな。

 で、そのサンコウチョウ・・・
 昨日観察された豊国神社裏と緑のリズム、じっくり探すもシ〜ン。

 大賑わいやろうなぁ、飛騨の森。なんたって昨日は♂2羽♀1羽のコルリやもん。期待に胸を膨らませ・・・カメラマン衆が雑談中。状況を聞けば朝からな〜んにも確認出来んと。

 げっ、なんで、何ででんねん。何でなんにも出会わんねん。
 事実今日ワシが出会った夏鳥はツバメだけ、センダイムシクイもキビタキもコサメビタキも、一体何処へ行って〜ん。

 観察終盤桜広場で出会ったKさんが「ここへ来る途中、市民の森と沖縄復帰の森でサンコウチョウ、弓道場南詰め所付近でコルリ♂を見つけるも掃除夫が近付き市民の森へ」と。 えっ、やっぱ居ったんや。

 まっ、渡りが始まったからと言って毎回楽しい出会いがあるわけではおまへん、こんな時もりますわ。

★追加情報
 ヤブサメ・・・弓道場南。
 エゾムシクイ・・・弓道場南、愛の森。 いずれも今季初認ですわ!

ほなっ、今日の野鳥といきまっか!
コルリ・サンコウチョウ・ツバメ・カワウ・アオサギ・カルガモ・カワセミ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・カワラヒワ・コゲラ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・

 で、蝶の話の前に、気分転換。クルマバザクロソウの写真を見て頂き。
IMG_4411.jpg
 気分換えまひょか。

 曇天やったからやろうか、昨日より少ない観察。
 昨日45頭のヤマトシジミでさえ28頭、なんかムラあるなぁ、ほんま。
 アオスジアゲハはたったの4頭。
 
 チャバネセセリは東外堀沿いともみじ園で各1頭で計2頭。
IMG_4402.jpg
 しかしいつもならこの時期は圧倒的にイチモンジセセリが多いのに何でかイチモンジセセリは見当たらんなぁ、おかしいなぁ、実際。
 野鳥で言えばコサメビタキとエゾビタキくらい数の差がおまんねんで、何でやろ。

 青屋門前ボケの植栽場では珍しいモンキチョウ。
IMG_4418.jpg
 活発な性格の本種でっけど、今日は何だか神妙でしたな。

 先週の個体やろうかツマグロヒョウモン。
IMG_4424.jpg
 メッチャ奇麗でしゃろ。これがワシの周りをクルクル廻ってくれるんはええけど、留まった、よっしゃと近付けばすぐに飛翔の繰り返し。警戒距離約3メートルってとこでんな。

 配水池東で漆黒の蝶がスーッとナガサキアゲハ。暫く探すも・・・
 人工川ではムラサキシジミ。
 豊国神社裏ではウラギンシジミの観察情報。

 モンキチョウ以下全て1頭の観察。モンシロチョウでさえ1頭しか確認出来ず。

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・ナガサキアゲハ・モンシロチョウ・モンキチョウ・ツマグロヒョウモン・ウラギンシジミ・ムラサキシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・

 ってな事で野鳥と蝶の運は今日はおまへんでしたわ。ここでもう一回気分を換えて、コニシキソウの写真を見て頂き。
IMG_4413.jpg
 トンボで挽回といきまっか!

 って言うても多くいてたわけやおまへんで。昨日150匹以上いてたウスバキトンボは22匹。やっぱ本種は長居しまへんなぁ。

 シオカラトンボも昨日より更に減少し10匹、んじゃ何が挽回かって言うとでんな。

 ここ最近めっきりトンボの姿が少なくなった東外堀、水面の杭に留まったトンボ、シオカラトンボかいなぁ、と思うも何だかどこかが違う。
 双眼鏡で確認してもやっぱシオカラトンボではない、オオシオカラトンボかぁ、と思うもやっぱどこかが違う、で頭に浮かんだんがコフキトンボ。
IMG_4384.jpg
 ワ〜イワ〜イ! ウレピーなぁ、ほんま。

 遠い写真やけど帰って確認すればやっぱコフキトンボ。
 本種は過去2012年7月29日、2013年6月9日の2回の記録、今日で3度目ですねん。

 見慣れたシオカラトンボやからって雑に見過ごしたらアキマヘンな、見慣れたトンボやからこそじっくり観察する、これが稀な記録に繋がりるって事ですわ、実際。

 トンボや蝶だけではおまへん、これからは各地野鳥で賑わう事でっしゃろ、よく見掛ける野鳥ほどじっくり観察しまひょ、人生初の出会いがあるかも。

ほなっ、今日のトンボといきまっか!
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・コフキトンボ・アオモンイトトンボ・ウスバキトンボ・

 
posted by ひでキング! at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月27日

Uターン

 朝イチは曇ってたんでメッチャ涼しい、日中も吹く風爽やか。天を仰げば空高くに筋状の雲、ちょっとは秋らしくなってきたかな。
IMG_4284.jpg

 しかし何でんなUターンする台風って・・・どうなってまんねんやろぅなぁ、ほんま。

 さて、野鳥の情報は「元山裕康のこんなん出てます」をご覧頂き、ワシからの追加は。

 市民の森で賑やかな9羽のエナガとシジュウカラの混群。

 西の丸庭園で地を這うような低空飛行のツバメが3羽。

 北外堀では厳しい夏を何とか乗り切ったキンクロハジロ。
 ってなとこでんな。

 んじゃ、蝶の話をば。
 今夏観察頻度の高いムラサキシジミ、でもってこれまた観察頻度の高い教育塔でちょいと小さめの個体かな。
IMG_4225.jpg
 これが今日の初蝶。

 城南駐車場でそろそろ個体数が増える頃やなぁ、イチモンジセセリ。と探し歩き見つけたのがチャバネセセリ。
IMG_4232.jpg
 イチモンジセセリの姿はなし。

 アオスジアゲハは5頭と少ない観察。
 ヤマトシジミは45頭、前回の倍以上っちゃ〜多い表現やけど、この時期にしたら少ないかな?

 梅林空池で昨年から咲き始めたアメリカタカサブロウにモンシロチョウ、ヤマトシジミにこのツバメシジミが吸蜜。
IMG_4292.jpg
 公園内全体の花がショボくれる中、比較的元気に咲いてたんで人気の花でんな。蝶以外にも小っちゃいハナアブも吸蜜に。
IMG_4287.jpg

ほなっ、今日の蝶といきまっか!
アオスジアゲハ・モンシロチョウ・ムラサキシジミ・ツバメシジミ・ヤマトシジミ・チャバネセセリ・

 ってな事で余りに淋しい蝶の状況なんでトンボの話を。
 人工川を賑わせてたシオカラトンボ、そろそろ減少し始め27匹。でもやっぱ多いか。

 ウスバキトンボは各所10匹単位で観察出来計162匹。西の丸庭園では芝生一面に約50匹、大手門前では40匹ほどが飛翔。その中に1匹のギンヤンマ、飛翔中のウスバキトンボをがっちり捕獲。
 トンボがトンボを捕獲する瞬間を見たのは初めて。

 青屋門前で居ったー、赤とんぼ! と留まるのを待って・・・あれっ、ショウジョウトンボじゃん。
IMG_4246.jpg
 アキアカネかナツアカネかなぁって期待したんやけど・・・

 で、赤とんぼって言うのはアカネ属のトンボの事で赤いからって事ではおまへんねん。こんなに真っ赤なショウジョウトンボでも赤とんぼとは言いまへん。悪しからず。

 コルリ、センダイムシクイ、サンコウチョウにキビタキ、そろそろ夏鳥で賑わいそうでんな。でも夏鳥って考えたら今からUターンしまんねんな。故郷の日本から南の国へ。いわば秋はUターンラッシュってとこでっか。そんなUターンは大歓迎やけど、気候のUターンは勘弁して欲しいでんな、ほんま。

ほなっ、今日のトンボ。
アオモンイトトンボ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・ショウジョウトンボ・ギンヤンマ・タイワンウチワヤンマ・ウスバキトンボ・
 
 
posted by ひでキング! at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記